仮想通貨の買い時は?

仮想通貨が広まり、莫大な利益を生み出す人が増えている現在、今まであまり興味がなかったけれど自分も始めてみたい……と考える人も多くなっているかと思います。今回は、仮想通貨を始める前に考えておきたい「買い時」についてご説明します。

 

仮想通貨取引において最も重要な「購入のタイミング」

仮想通貨を始めるにあたって、「どの銘柄を買えばいいのか」「いつ買えばいいのか」が最初に気になるポイントであり、また不安に思う要素でもあります。できるだけリスクを避けて利益を得たいと考えるのは、誰もが思うことです。

仮想通貨取引において最も重要なのは、まさに「いつ買えばいいのか」ということ。「購入のタイミング」です。仮想通貨で莫大な利益を出した人たちは皆、通貨を購入するタイミングがよかったといえます。

 

仮想通貨取引で押さえるべきポイントは、非常にシンプルです。それは、「安いときに買って高く売る」です。

できるだけ値が下がったときに買っておき、値上がりしたときに売って利益を得ることは、仮想通貨取引において大事なことといっても過言ではないでしょう。

 

考えすぎると買い時を逃してしまう

そうはいっても、できるだけ値が下がったタイミングを見極めるのは難しいと考える人もいるかもしれません。

厳密にいうと、仮想通貨の底値は0円です。

ビットコインの例を見ると、ビットコインが誕生したのは2009年1月。そして誕生時点では、その価値は0円でした。そして送金テストなどを経て、最初に価格がついたのは同年の10月。このときの価格は日本円で約0.07円でした。

それが2017年になると、なんと一時期1ビットコイン=200万円を超える価格になったのです。

ビットコインを知る人もまだ少なかった2009年~2010年当時に購入していたら……と考えるだけでも、とんでもない数字が想像できます。

リスクを避けようとするあまり、考えすぎても買い時を逃してしまうので、相場をチェックしながら頃合いを見て購入することが大切といえます。

 

チャートを確認しながら買い時を見極め、複数の銘柄を購入

買い時を見極めるには、いくつかの通貨でここ1年ほどのチャートを確認し、通貨がいつ値上がりしていつ値下がりしているかを押さえるのが1番です。

ただ、初めて仮想通貨取引を行う人が、これからどの通貨が高騰するかをチャートから判断するのは至難の業。そこでおすすめしたいのが、ひとつの銘柄だけでなく、信用性の高い通貨の中から複数の銘柄を購入する方法です。それによって、どちらかだけが大きく高騰した場合の利益は少なくなってしまうものの、逆にどちらかが大きく下落した場合の損失も抑えることができます。

 

実際に仮想通貨を購入するためには、取引所で口座を開設する必要があります。口座をひとつ作れば、それが仮想通貨を買ったり売ったりするための窓口となります。銀行で口座を開設するには最初に預金を入れなければなりませんが、仮想通貨の場合、取引所への登録は無料で行うことができます。

ビットコインの取引所の中で、特に「ザイフ」や「コインエクスチェンジ」が有名ですが、取引所にもさまざまなものがあり、それぞれに特徴があります。いくつか登録してみて、自分に合ったところを見つけるのもよいでしょう。

 

 

仮想通貨の取引において最も重要な「買い時」について、今回はご紹介しました。

悩みすぎるといつまでも購入に踏み出せなくなってしまうので、まずは少ない元手で複数銘柄を購入し、感覚を掴むのがよいかもしれません。