クレジットカードのキャッシング。通常のキャッシングやカードローンとどう違う?

クレジットカードのキャッシング。通常のキャッシングやカードローンとどう違う?

日本は諸外国に比べて、クレジットカードの使用率が低いといわれています。しかし、クレジットカードは1枚持っておくと便利なものであるため、近年ではその使用率も右肩上がりとなっています。
そんなクレジットカードには、キャッシング機能が付帯していることがあります。キャッシング機能の有無は申込時に選ぶこともできますが、「とりあえず付けておいた」というケースもあります。キャッシングが利用できればいざというときに便利ですが、詳しく知らない人からすれば「使うのが怖い」と感じることもあるかもしれません。

そこで今回は、クレジットカードのキャッシングについてご紹介します。

 

クレジットカードのキャッシングとは?

クレジットカードは買物をするときに利用するもので、そもそもとしてキャッシングに利用できることを知らないという方もいるかもしれません。

クレジットカードの機能には大きく分けて、ショッピング機能とキャッシング機能の2種類があります。ショッピング機能は多くの方が認識するクレジットカードの機能で、現金を持っていなくてもカードに対応している店舗であれば買物をすることができます。ショッピング枠内であれば利用することができ、その代金は翌月以降の指定日に請求されます。

一方のキャッシング機能は、お金を借りるための機能です。キャッシング機能が付帯しているクレジットカードにはショッピング枠とは別にキャッシング枠が設定されていて、この範囲内であればお金を借りることができます。通常のキャッシングやカードローンなどの場合は借入専用のカードを用いてお金を借りますが、クレジットカードの場合は専用カードではなくクレジットカードで借りることができるのです。

 

クレジットカードのキャッシングの特徴

クレジットカードでのキャッシングには、通常のキャッシングやカードローンとは異なる特徴があります。以下では、クレジットカードのキャッシングならではの特徴についてご紹介します。

 

・キャッシング機能は必ずしも付帯するものではない

上述したように、クレジットカードのキャッシング機能は必ず付帯しているものではありません。必要ない場合には、申込時にキャッシング機能を外すことができます。キャッシング枠を外すとクレジットカードの審査に通りやすくなるという考えも浸透しており、審査に不安があるのなら外すほうがよいかもしれません。

 

・ショッピング利用に比べて金利は高く設定されている

クレジットカードに付帯されているキャッシング機能であることから、金利もクレジットカード基準だと考えられることがあります。しかし、金利はショッピング利用とキャッシング利用で分けられていて、キャッシング利用のほうが高く設定されている傾向にあります。

 

・限度額はショッピング枠とキャッシング枠で共通している

通常のキャッシングやカードローンの場合、限度額いっぱいまでお金を借りることができます。しかし、クレジットカードのキャッシング機能の場合、限度額はショッピング枠とキャッシング枠で共通であるため、状況によってはお金を借りることができないケースがあります。例えばクレジットカードの限度額が30万円の場合、ショッピングで既に30万円利用した場合には、キャッシングを行うことはできないのです。

 

計画的な利用が大事

今回ご紹介したように、クレジットカードのキャッシング機能は通常のキャッシングやカードローンとは違った特徴を持っています。しかし、本質的にはお金を借りる行為であり、そこは通常のキャッシングやカードローンと変わりありません。利用しやすいものではありますが、通常のキャッシングやカードローンと同じく計画的に利用するよう心掛けましょう。

 

フリーローン
事業者ローン
不動産担保ローン
学生ローン