銀行系カードローンと消費者金融の違い

カードローンには、銀行系とノンバンク系の2種類があります。銀行系は文字通り銀行が取り扱っているカードローンで、ノンバンク系は銀行以外の金融機関、いわゆる消費者金融などが取り扱っているカードローンです。

カードローンを利用する場合、このどちらを選ぶかを考える必要があります。同じカードローンでも銀行系と消費者金融とでは性質が大きく異なるため、それぞれの違いについてしっかりと把握しておくことが大切です。

そこで今回は、銀行系カードローンと消費者金融の違いについてご紹介します。

 

適用される法律が異なる

銀行系カードローンと消費者金融の最も大きな違いは、適用される法律です。

消費者金融の場合、適用されるのは貸金業法です。貸金業法は貸金業に関するさまざまな取り決めをまとめた法律で、日本貸金業協会に加入している貸金業者はこの法律に従います。一方の銀行系カードローンは、銀行が取り扱っていることから銀行法が適用されます。この法律の違いによって、総量規制の有無が異なるのです。

総量規制は、個人の借入総額を制限するための仕組みです。総量規制が適用される場合、総額が年収の1/3を超える借り入れを行うことはできません。例えば年収が300万円の場合、借入総額は100万円までとなります。この総量規制は、貸金業法の中で定められています。そのため、貸金業法にのっとる消費者金融では適用されますが、銀行法にのっとる銀行系カードローンでは適用されません。つまり、銀行系カードローンでは年収に関わらず、借入限度額までの借り入れを行うことができるのです。

これが、銀行系カードローンと消費者金融との大きな違いです。

 

金利や審査スピードにも違いがある

銀行系カードローンと消費者金融とでは、金利や審査スピードにも違いがあります。

金利は、基本的に銀行系カードローンのほうが低く設定されています。消費者金融の上限金利は18%程度であることがほとんどですが、銀行系カードローンの場合は14.5%程度です。銀行系カードローンの金利が安いのには、いくつか理由があります。ひとつは、銀行は資金が豊富であるということ。無理に回収する必要がないため、低金利で貸付を行うことができます。上述した総量規制の有無も、低金利である理由のひとつです。高額の借り入れに対応しているため、金利をそれほど高くしなくても利益が出ます。

なお、消費者金融では無利息期間を設定していることもあり、そうした期間を利用することで金利を抑えることはできます。

審査スピードは、消費者金融のほうが早いのが一般的です。その理由は、審査方法にあります。銀行系カードローンの場合、審査を自社で行うことは少なく、ほとんどの場合で保証会社に委託されます。申込者だけでなく保証会社とのやり取りも行う必要があるため、必然的に審査結果が出るのは遅くなります。一方消費者金融の場合、平日の昼頃までに申し込めば即日審査が可能な場合もあり、早ければその日のうちにお金を借りることができます。そのため、できるだけ早くお金を借りたいという場合には、消費者金融という選択肢があります。

 

審査は銀行系カードローンのほうが厳しい?

銀行系カードロ―ンにしても消費者金融にしても、審査を通過しなければ借り入れを行うことができません。この審査は、銀行系カードローンのほうが厳しいといわれています。

消費者金融の場合、審査の通過率は40%程度だといわれています。これに対して銀行系カードローンの場合、一般的に15~20%程度だといわれています。銀行系カードローンだから通らない、消費者金融だから通るというわけではありませんが、一般的には銀行系カードローンのほうが通りにくいと考えられています。そのため、急にお金が必要になった場合などは、比較的審査が通りやすいと考えられている消費者金融を利用することが望ましいといえます。

 

フリーローン
事業者ローン
不動産担保ローン
学生ローン