連帯保証人とは?

連帯保証人のイメージは、「借金した人の肩代わりをする人」と思っている方が大半です。しかし、具体的に理解しているかといえばそうではない場合が多いでしょう。そのため、家族や友人が困っていると連帯保証人になることを承諾する人もいます。しかし、連帯保証人のことを理解せずに承諾すると大きな負担を抱えることがあります。

そこで今回は、連帯保証人が必要な理由や連帯保証人の立場についてご紹介します。

 

連帯保証人が必要な理由

連帯保証人とは、債務者(お金を借りた側)が返済しなくなったときに代理で返済を行なう人です。債務者が滞りなく返済し続けていれば連帯保証人が返済する必要はありません。しかし、連帯保証人は、お金を借りた債務者と同じ立場になるので、債権者(お金を貸す側)から返済を請求されると拒否することができません。また、債務者に十分な支払い能力があったとしても返済しなければ、債権者側から連帯保証人へ債務の返済を求める通知を出すことができます。債権者側からすれば、債務者と連帯保証人は同じ立場になるので返済の請求をどちらにしてもよいのです。

しかし、キャッシングやカードローンなどの個人向けで小口融資を利用する時は連帯保証人が不要の場合がほとんどです。消費者金融のキャッシングは、消費者金融自体がリスクを抱えて債務者にお金を貸すので連帯保証人が必要ありません。銀行のカードローンは、グループ会社の消費者金融や信販会社などが審査や保証などの業務を行なうので連帯保証人を不要としている場合が大半です。

そのため、キャッシングやカードローンは、連帯保証人が不要なので家族などに迷惑をかけることなく利用できます。ただし、返済を滞った場合は家族や職場などへ連絡がいく可能性があるのできちんと毎月返済しましょう。
 

保証人と連帯保証人の違い

連帯保証人とは別に「保証人」があります。保証人と連帯保証人は、債務者が返済できなくなったときに代わりに返済する義務があるという共通点があります。しかし、異なる点も部分もあります。以下、保証人と連帯保証人の違いについてまとめてみました。
 

・催告の抗弁権の違い

債権者が保証人へ債務者の代わりに返済を求めたときに保証人は、「まず主債務者に返済を請求してほしい」と請求ができる権利のことです。しかし、連帯保証人は債務者と同じ立場なので債権者側から返済を求められたら拒否することができず返済する必要があります。

 

・検索の抗弁権の違い

債務者の返済が滞った場合、保証人へ債権者が返済を求めてきても主債務者の財産から先に執行するまで保証債務の履行を拒否することができる権利です。しかし、主債務者に返済に充てる財産があるのに返済しない場合、連帯保証人だと返済する義務があります。
 

・分別の利益の違い

保証人が複数いる場合、主債務者が借りた金額を頭数に応じて平等に分割した金額だけの責任を負うことになります。例えば、主債務者が借りた金額が1,000万円で保証人が4人いる場合、4人の保証人は各250万円の責任を負うだけになり、250万円以上の返済を支払う必要がありません。しかし、連帯保証人の場合、4人いても一人ひとりが1,000万円まで保証する義務があります。

 

「保証人」と「連帯保証人」の違いは、返済に対する責任の重さです。保証人には、「催告の抗弁権」・「検索の抗弁権」・「分別の利益」の3つの権利があります。しかし、連帯保証人にはこの3つの権利がなく主債務者と同じ立場になります。そのため、債権者側は主債務者だけでなく連帯保証人にも返済の請求をいつでも行なうことができます。これほど連帯保証人は責任が重くなるので、頼んでも拒否する人が多いのです。

 
 

以上、連帯保証人についてご紹介しました。キャッシングやカードローンなどの小口融資には連帯保証人は不要です。しかし、連帯保証人が不要でも正しく理解しておく必要があります。

フリーローン
事業者ローン
不動産担保ローン
学生ローン