担保にとるってどういうこと?

金融機関からお金を借り入れる際に、「担保」という言葉がよく出てきます。担保は、多額のお金を借り入れるときに必ずといって登場する言葉のひとつです。既に担保が必要な不動産担保ローンなどを組んでいても、担保の意味を理解していない方もいるかもしれません。担保の意味を理解せずにお金を借り入れると、思わぬトラブルや負担が発生する可能性もあります。

そこで今回は、担保について詳しくご紹介します。担保の意味を理解し、リスクを抱えないようにしましょう。

 

担保とは?

担保は、お金を借りた債務者が返済できなくなった際に銀行や消費者金融などの債権者側がかける保険のようなものです。担保として設定できるものは、大きく分けて「人的担保」と「物的担保」のふたつです。

人的担保とは、お金を借りた債務者以外の人による担保です。つまり、融資を希望したときに立てた保証人です。保証人には、万が一債務者が返済できない状況になったときに代理で返済する「代位弁済」の義務が発生します。担保として保証人を立てるのは、債権者側に対する返済が滞らないようにすることを目的としています。

物的担保とは、不動産などの特定の財産による担保です。株や有価証券などを担保としてお金を借りることもできます。債務者が返済できなくなった場合、不動産や株、有価証券などがお金の代わりとして回収されます。

万が一返済できなくなった場合、人的担保や物的担保で全額返済できるかという問題が生じます。例えば、1,000万円の借入金残高が残っているのに担保にしたものが300万円の価値しかなければ、700万円を返済する必要があります。また、担保に設定したものは、お金の代わりになるので取り戻せないこともあります。「担保があるから返済しなくても大丈夫」と考えずに、借りたお金はきちんと返済する必要があります。

なお、担保をつけなくてもローンを組める場合もあります。消費者金融では、個人向けに小口融資を行っているので保証人不要で無担保でローンを組むことができます。ただし、無担保の場合は自身で全額完済する必要があります。もしも無担保で返済を滞ってしまった場合、自宅や車・財産などを差し押さえられます。無担保でお金を借り入れるときは、自身が返済できる範囲で借りるようにしましょう。

 

金利はどうなるのか?

金融機関に担保をつけて融資を希望するときは、低金利で借り入れすることができます。不動産などの担保があれば、債権者側となる金融機関からすると返済されないリスクを下げられるので低金利で融資できます。また、担保があると融資額を高く設定することができます。

債務者の立場で考えると、多額のお金を借り入れして長期間の返済になると低金利でも返済の負担がのしかかってきます。いくら担保があるといっても長期間にわたって返済し続けることは、生活に負担を与えることにつながるので、まとまった収入があったときにある程度返済できるようにしましょう。

少しでも金利を抑えたいと考えるのであれば、金利の高い無担保ローンではなく、金利が低く設定されている担保ありのローンを借りるとよいでしょう。もしも借り入れが長期にわたるのであれば、わずかな金利の差が返済額の大きな差になることもあるのでよく考えることが大切です。

 
担保は、金融機関から借りたお金が返済できなくなった際に代わりとなる保険のようなものです。万が一、返済できない場合、その担保を失うリスクがあることも理解しておきましょう。例えば、自宅を担保に設定していたら返済ができなくなると自宅を失うことになります。自身の財産を失うリスクを背負いたくないのなら、担保についてきちんと理解してローンを組むことが大切です。

フリーローン
事業者ローン
不動産担保ローン
学生ローン