知っておきたいローンの知識

カードローンやキャッシングは、いざというときにお金を借りることができる便利なものです。返済のことをしっかり考えて無理のない範囲で借りるのであれば、心強い味方であるといえます。

そうしたお金を借りる行為、ローンを行うためには、いくつか知っておくべき知識があります。これを知らなければ、ローンを利用した際にトラブルに発展したり損をしてしまったりといったことが考えられます。安心してお金を借りるためにも、ローンに関する知識はもっておくべきです。

そこで今回は、いざというときのために知っておきたいローンの知識についてご紹介します。

 

ローン審査において最も重要なのは信用情報

カードローンやキャッシングなどを利用する際、まずは契約を行うための審査が行われます。この審査に通らなければ、ローンを利用することはできません。審査を通過するにはいくつか条件があり、その中でも最も重要視されているのが信用情報です。

信用情報はその名のとおり、ローン契約において申し込み者がどれだけ信用できる人物であるかを記した情報です。氏名や住所、申し込んだ契約内容、勤め先、勤続年数、申告された年収などさまざまな情報によって構成されていて、これを元にして「お金を貸してもいいのか」「いくらまで貸すことができるのか」といったことを判断します。

信用情報が下がる要因としては、支払いの延滞があげられます。例えば携帯電話の使用料金やクレジットカードの支払いなど、何らかの支払いを延滞すると支払い能力が低いと判断されます。一度下がった信頼情報はなかなか回復しないため、しばらくの間ローンの申請が通らないケースもあります。

こうした信用情報は信用情報機関で管理され、同じ信用情報機関に登録している金融機関であれば閲覧することができます。そのため、申し込みをした1社だけでなく、同じ信用情報機関に登録しているローン会社すべてで審査に通らない可能性もあるのです。一度に、または連続して複数のローンに申し込みを行うとますます信用情報が低下する危険性があるため、申し込みの際には注意しなければなりません。

 

審査に落ちた場合はどうする?

お金を借りたいと思っていても、審査に通らなければ借り入れを行うことはできません。審査に落ちた場合には、どうすればいいのでしょうか。

絶対にしてはならないのは、審査に落ちたからといってすぐさま複数社に申し込みを行うということです。ローン会社によって審査基準が異なるため「A社はダメでもB社やC社なら……」と考えることもありますが、短い期間に何社にも申し込みを行うとそれだけお金に困っているという印象を与えてしまいます。そうした印象はきちんと返済してもらえるのかという疑問につながり、どれだけ申し込んでも審査に通らない状況に陥ります。そのため、審査に落ちた場合にはまず原因を考え、対応することが大切です。

審査に通らない原因としては、他社からの借り入れなどローン残高が多いことや、極端に収入が低いことなどがあげられます。ローン残高が多い場合は、少しでも返済を進めてから改めて別の会社に申し込むことで審査に通る可能性があります。収入が極端に少ない場合、安定した収入があるとはみなされず審査に通りにくい傾向にあります。直近の収入が安定している場合には、直近2カ月程度の給与明細を提出することで審査に通る可能性もあります。

 

返済が遅れてしまった場合の対応

返済できる範囲でお金を借りていたとしても、何らかの原因によって一時的に返済が難しくなることもあります。返済の遅延は絶対にしてはならないことで、万が一遅延しそうになった、あるいは遅延してしまった場合には、すぐに対応しなければなりません。

返済が難しいと感じた場合には、その時点ですぐにローン会社に連絡しましょう。今月の返済が厳しいことと、いつ頃であれば返済できるのかを伝えます。返済が遅れるとローン会社の印象が悪くなりますが、事前に連絡を入れることで返済する意思があることを伝えることができるため、そこまで悪い印象にはなりません。

うっかり返済するのを忘れてしまった場合には、すぐに謝罪の連絡をしてできるだけ早く振り込みます。遅延が進むほど印象は悪くなっていき、最終的に裁判になる危険性があります。仮に今後の返済が厳しいと感じた場合でも、諦めて放置するのではなくローン会社に連絡して相談しましょう。

フリーローン
事業者ローン
不動産担保ローン
学生ローン