中小企業の資金調達

中小企業の経営者は、運転資金をどのようにして調達すべきかを考える必要があります。資金調達する方法には、さまざまな方法があります。資金調達の選択を間違えると会社経営が危なくなることもあるため注意が必要です。中小企業の経営者は資金調達の方法について知り、慎重に適した方法を選ばなければなりません。

そこで今回は、経営者が行う資金調達の方法をご紹介します。それぞれの資金調達の方法を理解し、企業にとって損をしない資金調達を行えるようにしましょう。

 

資金調達の方法は大きく分けて3つ

中小企業にとって、運転資金は必要不可欠です。そのため、経営するための運転資金がないのであれば調達しなければなりません。資金調達する方法は多岐にわたり、それぞれ特徴があります。その中から最適な方法を選ぶとなるとその判断は難しいものです。

資金調達について知るためには、資金調達方法が大きく分けて3つあることを理解するとよいでしょう。

 

・負債を増やす

負債を増やすということは、いつか返済しなければならないお金を借りるということです。つまり、金融機関からお金を借りることです。金融機関では、「事業者ローン」という事業者向けのローンを提供しています。事業者ローンは、元本となる金額の返済と利息の支払いが必要です。また、企業として負債を抱えるので借入や社債の発行が必要で、返済期日に資金返済の法的義務を負うことになります。

負債を増やすことで特に重要なポイントは、「信用力が強く問われること」という点です。しかし、借入の場合は、担保を設定するので信用力が低い企業でも融資を受けられます。ただし、担保に設定できるものは、土地や建物などの資産価値の高いものや安定した売上を見込める事業でないと利用しづらい方法です。

社債には、普通社債と新株予約権付社債のふたつあります。普通社債は、返済する際に企業側に支払い能力があるか判断されるので、信用力の高さが求められます。信用力が低い場合は、利息を高く設定されることがあります。新株予約権付社債は、株式への転換の権利、または義務になっている社債です。一般的には、投資する側が社債のまま回収するのか、株式に転換するのかを決めることができます。そのため投資家にとって有利になることが多く会社の信用力が低くても利用できる方法です。

 

・資本を増やす

資本を増やすことは、返さなくてもよいお金を集めることです。つまり、投資家などにお金を出してもらって資金を調達できるようにします。しかし、利益が出た場合、投資してくれたところへ配当を支払う必要があります。ただし、会社の業績が悪い際は支払う必要はありません。

この方法は、資金調達で特に利用されている方法です。

 

・既に持っている資産を現金化する

所有している不動産など企業の財産を売却したり、賃貸ししたりすることで資金を調達する方法です。不動産の賃貸しをする場合は、家賃収入として利益を得られて企業の運転資金に回せるので利用者がいる限り安定した資金調達ができます。しかし、不動産や事業を売却する場合は一度にまとまったお金を得て運転資金として扱えますが、財産を手放すので買い戻さない限り戻ってくることはありません。

 

企業にとって損しない資金調達の方法を選ぶ

中小企業の運転資金を調達する方法は、大きく分類すると「負債を増やすこと」「資本を増やすこと」「既に持っている資産を現金化すること」の3つです。どの方法もメリットとデメリットがあり、企業にとってどの方法で資金調達するのか慎重に選ぶ必要があります。資金調達の方法を選ぶ際は、企業の将来を見据えて最適な方法を選ぶようにしましょう。

フリーローン
事業者ローン
不動産担保ローン
学生ローン