お金を借りる際の実質年率とは?計算方法や下げるポイントを解説

借入を行う際に気になるのが実質年率です。

借りる金額が同じでも実質年率が違うだけで、支払総額には大きな違いが出ます。そのため、理解せずに借入を行うと返済金額が高くなることもあります。

今回は、実質年率の意味について解説しつつ、利息の計算方法、実質年率を下げるためのポイントを解説します。

 

実質年率とは

商品などで目にする実質年率について解説します。

 

・実質年率とは

実質年率は借りた金額に、利息や事務手数料など支払いの必要がある諸費用を全て含めた利息の年率のことです。たとえば、金利が8%で、その他の諸費用の合計が2%の場合、実質年率は10%となります。

 

・金利とは意味合いが異なる

金利は元金に対する利息の割合のことです。利息とは、利用者(借主)が会社(貸主)に対して、お金を借りるために支払う料金となります。金利は%で表示され、単位は1年です。たとえば、金利10.00%で10万円を借り入れた場合、1年間で10万円×10.00%=1万円の利息が発生します。実質年率は、この金利に手数料などの諸費用を含めたものであるため、意味合いが異なります。

 

・ローンなどでは金利とほぼ同じ意味

実質年率は金利とは意味合いが異なるものです。しかし、多くの会社では、手数料などの諸費用が無料であるため、実質年率は金利とほぼ同じ意味で使われていると考えて差し支えありません。実際に会社のWebサイトを見てみると、実質年率とは表示せず、「借入金利」などと表現している会社もあります。

 

実質年率での利息の計算方法

 

実質年率を使用した利息の計算方法について解説します。

 

・実質年率を使用した利息の計算

利息は日割りで発生するため、次の計算式を利用して計算します。

借入金額×実質年率×借入日数÷365日=利息率(うるう年の場合は366日で計算される会社もあります。)

以下の条件でお金を借りた場合の利息を計算してみます。

 

借入金額:60万円

実質年率:15.00%

借入日数:180日間

60万円×15.00%×180日÷365日=4万4,383円(利息額)

この場合の最終的な支払総額は、64万4,383円です。このように実質年率を使用すれば、簡単に利息の計算ができます。

 

・返済が早いほど利息の負担が軽くなる

利息は返済が早いほど負担が軽くなり、支払総額を少なくすることが可能です。

先ほど計算した条件の中で、借入日数だけを1ヶ月(30日)に変更して計算。

 

60万円×15.00%×30日÷365日=7,397円(利息額)

この場合の支払総額は60万7,397円となり、180日の借入日数の場合と比較して、大幅に利息額が減少します。このように、同じ条件でお金を借りた場合でも、返済する日数で利息額には大きな違いが出ます。繰り上げ返済などを活用すると残高が早く減り、利息の負担が軽くなるので、余裕がある場合は早めに返済しましょう。(但し、手数料等が必要な会社もあるために事前に確認することが必要です。)

 

実質年率を下げるためのポイント

 

実質年率を下げるためのポイントを解説していきます。

 

・金利の低いローンで借り換えを行う

現在利用している金利よりも低い会社で借り換えを行うことで、実質年率を下げることができます。短期間の借入であれば、数%の金利の違いは気にならないかもしれません。しかし長期間で返済する場合、利息額に大きな違いが出るため、借り換えを検討しましょう。