消費者金融

サラ金とは?消費者金融とはどう違う?

サラ金とは、「サラリーマン金融」を省略した言葉です。個人向けの融資、または融資を行う貸金業者を指していて、主にサラリーマンを対象としていたことからサラリーマン金融と呼ばれています。また、市街地に店舗や営業所が設置されていたことから街金と呼ばれることもありました。

サラ金の発祥は、団地金融だとされています。団地金融とは団地で暮らす主婦などを相手にした小口の融資のことで、高度経済成長期の頃に盛んに行われていました。

サラ金という言葉にはマイナスなイメージを持っている人もいますが、法律にのっとった貸金業者であるため「サラ金だから」という理由で不安を感じることはありません。返済できないような無理な借入をしなければ、便利に利用することができます。サラ金という言葉にマイナスのイメージがつきまとうのは、まだ総量規制が定められていなかった頃に過度な借入をして、破産するケースがあったことに起因しています。

ここまでで分かるように、サラ金と消費者金融はまったく同じものです。サラ金という言葉がもつマイナスなイメージを払拭するため、またサラリーマン以外の利用者が増えてきたこともあって、消費者金融という名称に統一されています。

・サラ金とは

サラ金とは現在の消費者金融のことです。名称が違うだけで殆ど同じ意味となります。サラ金と聞くと取り立てが怖い、高い金利で貸し付けるなどあまり良いイメージではない方も多いですが、貸金業法という法律があるので、規制が厳しくなっています。

貸金業者として登録されていない業者は注意が必要です。闇金の可能性があります。

・消費者金融とは

​一般消費者に対してニーズに合わせて金銭を貸し付けることです。

企業向けではなく、個人に対して融資を行う小口融資を行います。

クレジットカード会社や金融機関等、消費者金融会社が行う消費者向けのローンのことです。消費者金融は担保や保証人が不要になるので、審査さえ通れば簡単に融資を受けることが可能なので利用する方も多いです。

現在は多くの消費者金融がカードローンに特化しています。融資可能かどうかWEBから簡単に審査ができたり、来店しなくても契約までWEBで完結できる業者もあります。コロナウイルスの影響で外出に抵抗がある方でも簡単に利用できるので、WEBで完結できるのはありがたいですね。

消費者金融を利用する際の注意点

消費者金融やサラ金は、必要に応じてお金を借りることができる便利なサービスです。しかし、消費者金融を利用する際にはいくつか注意しなければならないこともあります。

借りる金額は、返済が可能である金額にとどめておくということです。お金を借りるということは、その後に返す義務が生じます。毎月の返済額は借入額に比例するため、たくさん借りればそれだけ返済額も大きくなります。そのため、返済額のことを考えずに借りてしまうと、翌月以降の返済が苦しくなります。返済には必ず利子がつくため、その点にも注意が必要です。

また、できる限り複数の貸金業者から借り入れないということも大切です。例えば50万円借りる場合、1社から50万円借りるケースと2社合わせて50万円借りるケースとでは、毎月の返済額や利息の額が異なる場合があります。基本的には毎月の最低返済額が設定されているため、多くのケースで複数社から借りる方が返済額は大きくなります。複数の返済の管理は難しいこともあるため、借り入れを行う場合はできる限り1社から借りるべきであるといえます。

消費者金融は危ない?

悪徳業者には注意して下さい。悪徳金融と呼ばれる業者が多々存在してます。例えばチケット金融と呼ばれるものです。商品券等を消費者に購入させ、金券ショップ等で換金させますが換金した差額と利息の割が合わないというケースがあります。また、紹介屋という申込の際に他の業者を紹介して仲介はせずに紹介料を要求してくるような悪徳業者もいます。システム金融や買取屋等他にもあるので注意が必要です。また、頻繁に勧誘電話が掛かってきたり、低金利で借りることができるというような広告等、条件が良すぎる業者には裏があるかもしれないので注意して下さい。何社か比較をして業者選びは慎重に行って下さい。

消費者金融の申し込み条件は?

申し込みにはいくつか条件があります。

どこで借りるかにもよりますが、年齢制限がある業者が多いです。必ず自分の年齢が対象なのかを確認することが必要です。

収入は安定している方が対象となりますが、主婦や学生の方などアルバイトとして収入のある方であれば申込が可能になります。

また提出物もあります。本人確認書類は必須です。身分証の住所が現住所と異なる場合は公共料金の領収書でも対応してもらえる業者もあるので、申込までの流れを確認して下さい。

ヤミ金には要注意!

サラ金という言葉から、ヤミ金を想像するという方もいるかもしれません。サラ金は貸金業法にのっとり、日本貸金業協会に加入している正規の貸金業者ですが、ヤミ金の場合は法律を無視した違法な貸金業者です。そのため、お金を借りる際にはヤミ金でないことをしっかりと確認する必要があります。

ヤミ金、または闇金融と呼ばれる貸金業者は、上述したとおり貸金業法に従わない違法な貸金業者です。ヤミ金は融資を受けることができる条件が緩い代わりに、高金利の違法貸付を行います。貸金業法にのっとった貸金業者であれば常識を欠いた取り立てを行うこともありませんが、ヤミ金の場合は威圧的であったり大人数で家に押しかけたりと、非常識な取り立てを行う場合があります。こうした危険性があることから、ヤミ金でお金を借りるのは避けるべきであるといえます。

利用することで金銭的な窮地を脱することができる金融サービス。利用の際には、法を遵守した金融機関を選ぶことが大切です。