入学してからもかかるお金。大学費用を考える。

入学してからもかかるお金。大学費用を考える。

大学に入学する際には大きな資金が必要ですが、入学後も何かとお金がかかります。今回は、大学に入学してからかかるお金についてまとめました。

 

大学や勉強にかかる費用

まずは、大学そのものや勉強に関してかかる費用についてご紹介します。

◇授業料
毎年かかってくるのが授業料です。文学部でも70万円前後の授業料がかかるのが一般的で、理系になると100万前後の学費がかかります。私立か国立かによっても変わってきますが、国立や公立大学の場合はこれよりも学費は抑えられ、50万円前後になることも。また、医学部の場合は300万円近い学費が一年間でかかります。

 

◇施設設備費
学費の他に、図書館やパソコンコーナー、研究室や学食などの大学の設備を利用するにあたっての施設設備費が別に設定されていることがあります。

 

◇教材費
授業料には教材費が含まれていないことが多く、講義で使用するテキストや辞書、パソコンなどは別にそろえなければなりません。テキストは一冊数千円することも多く、教材費だけで数万円程度の費用がかかることはめずらしくありません。

 

◇資格取得費用
在学中に、何らかの資格を取得しようとする学生は多いものです。基本的に大学の講座では資格取得の対策はとられていないため、別に予備校などのスクールに通う学生が大半です。予備校に通うとなると、数百万という資金が別に必要になります。

 

◇サークルなどにかかる費用
スポーツ系や音楽系のサークルに入ると、楽器やユニフォームなどが必要になるだけではなく、遠征や合宿、演奏会や大会などの出場費などの費用も必要になることがあります。学業とは関係ないため、アルバイトや仕送りなどから自分で捻出する学生がほとんどといえますが、こういった費用がかかることも頭に入れておくとよいでしょう。

 

◇留学費用
長期休暇中に留学する学生もいます。大学で留学生を募集していたり、交換留学の制度を利用したりすれば、比較的費用は安く済むこともありますが、それでもまとまった額の費用は必要です。

 

生活費など、学業とは関係ない出費

◇生活費
大学までの交通費や交際費、携帯などの通信費といった生活費も見落とせません。自宅から通えない遠方の大学の場合は一人暮らしになるため、食費や家賃、光熱費など、人が一人生活できるだけの費用が必要になります。
また、長期休暇に実家に戻ってくる際の交通費なども発生します。

 

◇運転免許取得の費用
学生の時間があるうちに車の免許を取得しておく学生は多いものです。社会人になってからでは、なかなか教習所に通う時間がとれません。一般的に、免許を取得するためには数十万の費用がかかります。

 

就職の準備のための費用

大学3年からは就職活動が始まりますが、就職活動に関する費用も念頭に置いておきましょう。スーツ一式の購入費に加えて、面接地が遠方の場合の交通費など多く必要になります。ひとつの会社で何回も面接があり、その都度遠いところまで出かけなければならないこともあります。

一般的に就職活動は複数の会社を並行して行うため、就職する希望地が遠い場合は何度も遠方に足を運ぶことになります。例えば関西から関東への移動であれば、宿泊を入れれば1回で数万円はかかります。就職準備のための費用は、早い段階から考えておくことが大切です。
入学してからも、授業料や生活費だけではない、見えない費用が多くかかってきます。留学費用や就職活動の費用など、時期によって集中して大きな費用がかかることもあります。そのときになって慌てないためにも、大学在学中の大まかなスケジュールを把握しておいて、いつどんな費用がかかるのかをあらかじめ知っておくことが大切です。