学生ローンとは?仕組みや金利、借りれる人の特長を解説

学生ローンとは?仕組みや金利、借りれる人の特長を解説

学生でもローンを利用することはできます。しかし、具体的にどのようなローンであるのか分からない方もいるでしょう。実際、信用情報などに問題がなかったとしても、必ずしも借入れが可能というわけではありません。

今回は、学生ローンの利用前に知っておきたい仕組みや金利、借りられる人の特長をみていきます。

学生ローンとは?利用する前に知っておくべきこと

ここでは、学生ローンの利用前に知っておきたいことをみていきましょう。

・審査がそれほど厳しくない
学生ローンは学校に通う学生を対象としたローンです。そのため、アルバイトを週に数日程度行っている場合でも、融資を受けられます。

・融資のスピードが早い
借入金額が少額の場合、早ければ即日、遅くとも翌日には融資を行ってくれる業者もいます。評判や審査スピードはホームページなどにも記載されているため、よく確認しましょう。

・未成年でも利用できるローンもある
通常のローンは20歳以上しか利用できません。しかし、20歳以上限定に制限されていない学生ローンの場合、未成年でも利用可能です。しかし未成年の学生が利用する場合は、親の同意を求められるケースがあることは把握しておきましょう。

・さまざまな目的で利用できる
学生ローンは、生活費が足りない場合やクレジットカードの支払いなどにも使用できます。

学生ローンの仕組みと金利

学生ローンの仕組みと金利についてみていきます。

・年収の1/3が利用可能
貸金業者からの借入金額の上限に関して、総量規制により年収の1/3に規制されています。学生ローンも総量規制の対象となるため、年収の1/3は利用可能です。それ以上の金額を希望した場合は借入れができないと想定されます。

・学生ローンを借りる手順についてみていきましょう。

1.申込手続きを行う
申込方法は直接店舗に足を運ぶ、電話やインターネットから申し込みをする方法の2つです。申込時は審査に必要な情報の登録、必要書類の提出を行う必要があります。

2.担当者による確認
本人確認や申込内容を確認することを目的として、担当者によるヒアリングが実施されます。窓口で申し込んだ場合には、その場で行われることも多いため、準備しておきましょう。
電話・インターネットで申し込みをした場合は、電話でのヒアリングが行われます。

3.信用情報の確認
信用情報機関に登録されている、クレジットカードなどの支払い状況・利用状況を確認されます。信用情報に問題がある場合は、借入れできません。

4.結果連絡
審査が完了すると結果が通知され、通った場合は契約内容の説明が行われます。基本的な流れは上記のようになるものの、必要書類や手順に関しては業者ごとに異なるため、申し込む前に事前に確認しておきましょう。

・学生ローンは金利がかかる?
他のローンと同様に学生ローンでも金利がかかります。

学生ローンを借りられる人の特長は?

学生ローンを借りられる人の特長をみていきましょう。

・学生ローンは、証明書が必要
学生ローンを利用するには、学生証と身分証明書の提出が必要です。場合によっては、アルバイト先の給与明細の提出を求められることがあります。

・一定の収入がないと借りられない
アルバイトやパートなどをしていても一定の収入がないと借入れができません。そのため、最低でも月に25,000円以上(年30万円)以上は収入を得られるようにしましょう。

・学生ローンの借入れは、利用目的も大事
教材・運転免許の取得費用・旅費などを目的とした場合は、その目的を理由に審査に落とされることはあまりありません。しかし、ギャンブルのように浪費的な目的であった場合は、審査に通りづらくなる点に注意しましょう。

まとめ

学生ローンは、融資のスピードが早く成人の場合は親からの同意を得なくても利用できるといったメリットがあります。しかし、学生証や身分証明書の提出が必要で、一定の収入がないと借入れができません。

また、借入れの限度額は、年収の1/3となっていることも把握しておくことが大切です。審査の手順や注意点を把握したうえで、利用を検討しましょう。