不動産担保ローンに必要な書類は?申込までに準備すべき書類を解説

不動産担保ローンは担保となる不動産の審査があるため、申込までに必要な書類が多いのが特徴です。今回は不動産担保ローンに必要となる書類について解説していきます。

不動産担保ローンに必要な書類は多い

個人の信用のみで借入ができるカードローンのような小口融資とは異なり、担保不動産の信用も加味される不動産担保ローンは金利の低い大口融資となります。

不動産担保ローンでは、担保にする不動産の担保価値も審査されるので、通常のカードローンの審査時に必要な書類だけでなく、担保となる不動産に関する書類の提出が必要です。こうした点から、不動産担保ローンに必要な書類は多くなっています。

必要な本人・収入確認書類とは

個人で不動産担保ローンを利用する際に必要な本人・収入確認書類を解説していきます。

・本人確認書類

本人確認書類とは、個人が実在しているか確認するための必要書類です。

本人確認書類としては、以下の書類があります。

・運転免許証

・運転経歴証明書

・健康保険証

・住民基本台帳カード

・マイナンバーカード

・パスポート

・在留カード

・特別永住者証明書

本人確認書類の確認事項として重要な項目は、氏名、住所、生年月日です。とくに注意したいのは住所であり、住民票に記載されている住所と免許証などに記載されている住所が異なると審査が止まることがあるので注意しましょう。住所変更が間に合わない時は、住民票などを補足書類として提出することで審査をクリアできるケースもあります。

・収入確認書類

必要な書類は以下の通りです。

・住民税決定通知書

・源泉徴収票

・課税証明書

・所得証明書

・給与明細書

住民税決定通知書や源泉徴収票がない場合は、市役所で所得証明書や課税証明書を取得しましょう。また、源泉徴収票や所得証明書などがない場合は、直近2~3ヵ月分の給与明細書を添付しましょう。

担保不動産についての関連書類

担保不動産の関連書類には以下のような書類があります。

・担保不動産関係書類

担保不動産の関連書類は以下のものです。

・登記簿謄本

・公図(土地の位置関係が書かれている地図)

・建物図面(建物の配置図面)

・地積測量図(土地の測量図面)

・公課証明書(物件の課税評価額が記載された書類)

・評価証明書(物件にかかる固定資産税額が記載された書類)

登記簿謄本は、戸建て物件の場合、土地と建物の謄本は別であるため、最低2通は必要となります。登記簿謄本、公図、建物図面、地積測量図は法務局で取得することが可能です。これらの書類は誰でも申請すれば取得できるため、利用するローン会社が調査を行ってくれる場合もあります。

しかし、公課証明書や評価証明書は、市役所・区役所で取得できるものの、原則として本人による申請が必要です。自治体によっては、毎年4月に送付されてくる固定資産税の納付書に評価額が記載された書類が付随している場合があり、この書類を評価証明書として使用することができます。

・担保不動産のローン残高確認書類

担保とする予定の不動産にローンが残っている場合、そのローンの残高を確認されます。そのため、ローン会社から送付されてくる残高証明書などを提出する必要があるため、あらかじめ用意しておきましょう。

こうした書類を紛失している場合は、ローン会社に取りにいくか、あるいは電話で連絡し、取り寄せることも可能です。ただし、1週間以上かかる場合もあるので、その点は把握しておきましょう。

申込関係書類

申込関係書類は、申込時に求められる不動産担保ローン会社の書類のことです。どのような不動産担保ローン会社でも申込書の提出は必要で、内容などはローン会社ごとに異なります。

申込関係書類としては、申込書以外にも、保証委託申込書や個人情報の取扱いに関する同意書などの書類が必要になる場合があります。申込関係書類に不備があると再提出を求められることがあるため、提出する申請書は誤記入がないように注意しましょう。