返済が楽に!不動産担保ローンの魅力

返済が楽に!不動産担保ローンの魅力

最初は「すぐに返せるから大丈夫」と気軽にローンを組んでいたのが、いつのまにかローンの本数が増えて返済額が家計を圧迫し始めたというケースや、新たにローンを組みたいが審査に通らないというケースは多くみられます。

もしもローンの一本化を考えているのであれば、不動産担保ローンを選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

 

 

不動産担保ローンとは

不動産担保ローンとは、所有している不動産を担保に入れて組むローンです。一般的な目的別ローンとはメリットやデメリットが異なります。

 

不動産担保ローンのメリット

・高額融資が可能

不動産担保ローンの場合、不動産が担保に入ります。万が一返済が不可能になった場合は、不動産を現金化することで債務をクリアにすることができます。不動産という、現金化の確実性が高い高額な財産が担保となるため、高額融資が可能となります。

 

・低金利での融資が可能

ローンによっても金利は異なりますが、最も金利が高いとされるのが、消費者金融などで借りるカードローンです。限度額以内なら何度でも借り入れが可能であることや、審査が緩めであることなどがその理由となっています。金融機関側のリスクが高い分、金利に反映されているというわけです。

反対に、不動産担保ローンの場合は不動産が担保に入るため、金融機関のリスクはかなり軽減されます。ローンの利用者全体でみても、不動産を担保に入れてローンを組む方の割合はそう多くはありません。金融機関では優良顧客として付き合いを続けたいとの考えから、一般的に不動産担保ローンは他のローンに比べて金利が低い傾向があります。

 

・多重債務の一本化が可能

金利が低く、高額融資が可能な不動産担保ローン。これは、複数のローンを契約して毎月の返済額の負担をやわらげたいという方にとっては利用価値が高いものといえます。一般的に、借入額が大きいほど金利は低くなるように設定されています。そのため、複数の金融機関で小さな借り入れを繰り返すよりも、債務をひとつにまとめたほうが金利が低くなる傾向があります。

 

不動産担保ローンのデメリット

不動産担保ローンには、デメリットもあります。デメリットについてもしっかり押さえておくことが大切です。

 

・融資に手数料がかかる

不動産を担保に入れるため、抵当権の設定をしなければなりません。抵当権の登記費用や、手数料や印紙税など、不動産担保ローンには一定の手数料などの費用が発生します。

費用の総額は金融機関や借入額によって変動するので、金融機関を決める際には必ず手数料の確認をとるようにしましょう。

 

・返済期間の短縮に制限があることも

金融機関側にとっては、不動産担保ローンは長期借り入れが見込めるローンです。借入期間が長くなればそれだけ利息で利益を得ることができます。言い換えれば、繰上返済や一括返済がある場合は利息も減ることになります。そのため、一定の利益を確保するために、返済期間の短縮に手数料や違約金などの制限を設けているところもあります。こちらも合わせて確認しておくことが大切です。

 

・地価が下がるリスクがある

不動産の価格は流動的で、周辺環境などによっても左右されます。そのため、担保を組んだときの地価は高くても、途中で地価が下がることもあります。地価が下がるとその分担保価値も下がるため、金融機関は新たな担保の設定を依頼することもあります。

ローンを完済できずに不動産で相殺することになった際に、地価が下がってローンの全額を不動産の売却金でまかなえない場合には、差額の支払いが必要となることもあります。この点はデメリットといえるかもしれません。

 

不動産担保ローンは低金利で高額融資が見込めるため、債務の一本化などには有効な手段です。しかしリスクもあるので、しっかりとリスクも把握した上で検討することが大切です。