担保提供者(物上保証人)とは?連帯保証人とは違う?

担保提供者(物上保証人)とは?連帯保証人とは違う?

金額の大きいローンやキャッシングをする際、担保および連帯保証人が必要となるケースがあります。これらは、債務者(借り手)が返済できなくなった場合に債権者(貸し手)のリスクを解消するためのものです。自身で不動産担保などを提示できれば問題はありませんが、その担保となる財産を所有していない人も多いはず。どうしても不動産担保が必要な際は、第三者に担保提供者(物上保証人)になってもらうのも手です。今回は、担保提供の基礎知識に加え、連帯保証人との違いについてもご紹介しましょう。

 

担保提供とはどんな制度?

多額のローンを組む場合、不動産担保の提示を求められるケースがほとんどです。一方、担保となる不動産を所有していないケースも少なくありません。そこで「担保提供」という形で、第三者から不動産など(担保)を提供してもらうことが可能です。これはローンを組む際の担保を「第三者に借りる制度」となります。

そもそも、組んだローンに対して返済義務が課せられるのは本人ですが、何らかの事情で返済を継続できないこともあるでしょう。通常の不動産担保であれば、対象となる不動産が差し押さえられ、返済に充てられるのが常です。

これは担保提供もほぼ同様ですが、上述したように担保の提供元が異なります。義務を課せられた債務者の返済が滞ったり、返済不能となったりした際に、第三者から提供された担保が差し押さえられるのです。債権者はともかく、債務者側および担保の提供者には一定のリスクが存在することを覚えておきましょう。

 

担保提供者と連帯保証人の違いは?

度々混同されてしまうのが、担保提供者と連帯保証人です。この2つの大きな違いは、ローンの返済義務があるか否か。連帯保証人の場合、債務者本人が返済不能になったら、その借金を返済しなければなりません。また、連帯保証人は債権者から請求が来たとしても、それを拒否することができないのです。本人に対して請求することも認められておらず、極めて責任の重い立場といえます。

一方の担保提供者は、担保となっている不動産などを手放せば責任を果たしたことになります。連帯保証人とは異なり、ローンそのものの返済義務はありません。あくまで担保による保証ですので、担保提供者は「物上保証人」とも呼ばれます。

 

しかしながら、担保として提供している不動産などは失う可能性があるため、まったくリスクがないというわけでもありません。連帯保証人に比べて責任こそ軽いものの、財産を失うリスクがあることを認識しておくべきです。

 

担保提供者が連帯保証人を兼ねることもある!?

担保提供者と連帯保証人では、責任の重さにおいてはっきりとした違いがあります。しかし、金融機関によっては「担保提供者が連帯保証人を兼ねなければならない」ケースもあるので注意してください。つまり、担保提供者になった時点で連帯保証人にもなってしまうわけです。

担保提供者が連帯保証人を兼ねた場合、債務者本人が返済不能になった段階で、不動産などの担保を失うことになります。そして、差し押さえだけでは返済額に届かなかったら、その残高を支払う義務が生じるのです。この点を把握しておらず、大きな損害を受けた人も少なくありません。契約書などに「担保提供者は連帯保証人を兼ねる」と明記されていますので、必ず確認しておきましょう。

 

正しく理解した上で担保提供を検討しよう

連帯保証人と混同されることが多く、その具体的な内容もあまり認知されていない担保提供。細かい部分まで理解していなければ、思わぬトラブルの原因となります。多額のローンを組む際にはメリットのある制度ですが、その利用は慎重に検討すべきです。不動産担保など、大きな担保の提供元となる第三者の意向を必ず確認し、お互い同意の上で利用してください。