銀行系カードローンと消費者金融の違いとは?

カードローンには、銀行系とノンバンク系の2種類があります。銀行系は文字通り銀行が取り扱っているカードローンで、ノンバンク系は銀行以外の金融機関、いわゆる消費者金融などが取り扱っているカードローンです。

カードローンを利用する場合、このどちらを選ぶかを考える必要があります。同じカードローンでも銀行系と消費者金融とでは性質が大きく異なるため、それぞれの違いについてしっかりと把握しておくことが大切です。

そこで今回は、銀行系カードローンと消費者金融の違いについてご紹介します。

銀行と金融の違いは、適用される法律が異なる

銀行系カードローンと消費者金融の最も大きな違いは、適用される法律です。

消費者金融の場合、適用されるのは貸金業法です。貸金業法は貸金業に関するさまざまな取り決めをまとめた法律で、日本貸金業協会に加入している貸金業者はこの法律に従います。一方の銀行系カードローンは、銀行が取り扱っていることから銀行法が適用されます。この法律の違いによって、総量規制の有無が異なるのです。

総量規制は、個人の借入総額を制限するための仕組みです。総量規制が適用される場合、総額が年収の1/3を超える借り入れを行うことはできません。例えば年収が300万円の場合、借入総額は100万円までとなります。この総量規制は、貸金業法の中で定められています。そのため、貸金業法にのっとる消費者金融では適用されますが、銀行法にのっとる銀行系カードローンでは適用されません。つまり、銀行系カードローンでは年収に関わらず、借入限度額までの借り入れを行うことができるのです。

これが、銀行系カードローンと消費者金融との大きな違いです。

金利や審査スピードにも違いがある

銀行系カードローンと消費者金融とでは、金利や審査スピードにも違いがあります。

金利は、基本的に銀行系カードローンのほうが低く設定されています。消費者金融の上限金利は18%程度であることがほとんどですが、銀行系カードローンの場合は14.5%程度です。銀行系カードローンの金利が安いのには、いくつか理由があります。ひとつは、銀行は資金が豊富であるということ。無理に回収する必要がないため、低金利で貸付を行うことができます。上述した総量規制の有無も、低金利である理由のひとつです。高額の借り入れに対応しているため、金利をそれほど高くしなくても利益が出ます。

なお、消費者金融では無利息期間を設定していることもあり、そうした期間を利用することで金利を抑えることはできます。

審査スピードは、消費者金融のほうが早いのが一般的です。その理由は、審査方法にあります。銀行系カードローンの場合、審査を自社で行うことは少なく、ほとんどの場合で保証会社に委託されます。申込者だけでなく保証会社とのやり取りも行う必要があるため、必然的に審査結果が出るのは遅くなります。一方消費者金融の場合、平日の昼頃までに申し込めば即日審査が可能な場合もあり、早ければその日のうちにお金を借りることができます。そのため、できるだけ早くお金を借りたいという場合には、消費者金融という選択肢があります。

上限金利の相場消費者金融カードローン銀行カードローン
18.0%14.0%~15.0%

こうした金利について定めている法律が利息制限法です。利息制限法は、お金の貸し借りを行う際に金利について制限する法律で、以下のように借入金額に応じた上限金利が定められています。

元本の金額元本が10万円未満元本が10万円以上100万円未満元本が100万円以上
上限金利年20%年18%年15%

迷いやすい、カードローンとキャッシングの違い

カードローンは、申し込みを行った金融機関が発行するカードを使用して、ATMで引き出す・返済を行うことを指します。審査結果に応じた借入限度額の範囲内であれば、原則的に何度でも借り入れが可能です。借入限度額は数百万円と高額となっていることが多いといえます。

キャッシングは、クレジットカードに付帯されているキャッシング機能を使用して、ATMからお金を借りることです。大手カード会社のクレジットカードであれば、全国の銀行やコンビニ、海外での利用もできます。借入限度額は、10万円~100万円程度で借入限度額が低く設定されていることがほとんどです。

カードローンとキャッシングの大きな違いとして、金利の違いがあります。銀行系は年2%~15%、消費者金融系のカードローンでも年3%~18%程度です。それに対して、キャッシングは年10%~18%程度で、金利はカードローンよりも高い傾向にあります。

カードローンはキャッシングよりも低い金利で借り入れができるため、頻繁に借り入れを行う方やある程度まとまった金額を借り入れする方に適しています。キャッシングは少額の借り入れしかしない方や借り入れの機会が少ない方に適しているといえるでしょう。

審査は銀行系カードローンのほうが厳しい?

銀行系カードロ―ンにしても消費者金融にしても、審査を通過しなければ借り入れを行うことができません。この審査は、銀行系カードローンのほうが厳しいといわれています。

消費者金融の場合、審査の通過率は40%程度だといわれています。これに対して銀行系カードローンの場合、一般的に15~20%程度だといわれています。銀行系カードローンだから通らない、消費者金融だから通るというわけではありませんが、一般的には銀行系カードローンのほうが通りにくいと考えられています。そのため、急にお金が必要になった場合などは、比較的審査が通りやすいと考えられている消費者金融を利用することが望ましいといえます。

消費者金融を利用するときのポイント

消費者金融は、借り入れまでのスピードが早いため、最短即日で利用することも可能です。しかし、小口の借り入れであっても多くの業者から借り入れを行うと借金総額が増えていく点に注意が必要です。借金が増えると支払う利息が増えて返済が困難になります。

期日までに返済できない場合、遅延損害金が追加で請求されます。滞納を繰り返すとカードローンの利用停止や信用情報機関に記録されてしまうため、返済期限を守ることが大切です。

返済計画を立てないまま借り入れを行ってしまうと、返済トラブルにつながるリスクが高まります。そのため、借り入れを行う場合には、無理なく返済できるように事前に返済計画を立てておきましょう。

また、消費者金融を装って無許可で違法営業を行っている業者もあるため、知名度の高い消費者金融を選んでトラブルを予防することが大切です。ポイントを把握したうえで、消費者金融を利用しましょう。

まとめ

銀行系・消費者金融カードローンでは、適用される法律が違っています。また、金利では銀行系は低い傾向であるものの、審査スピードは消費者金融が早いなどそれぞれのメリット・デメリットを把握することが大切です。

借り入れを行う場合は、事前に返済計画を立てたうえで、無理なく返済を行えるようにしましょう。まずはお気軽にご相談ください。