中小消費者金融とは?大手との違いや闇金との見分け方を解説

消費者金融には大手・中小の消費者金融があり、それぞれで違いがあります。今回は中小消費者金融について説明し、大手消費者金融や闇金との違いを解説していきます。

 

中小消費者金融とは

中小消費者金融の定義や種類は以下の通りです。

・明確な定義はない

中小消費者金融は貸金業者であり、貸金業法に則ってお金を融資しています。貸金業法において、貸金業者はすべて都道府県に業者登録を行う必要があり、中小消費者金融も登録を行っています。守るべき法律に大手との違いはなく、中小消費者金融でも安心してお金を借りることが可能です。

・中小消費者金融は2種類

中小消費者金融は、中(中堅)と小(小規模)の消費者金融の2種類があります。

中堅の消費者金融は大手の消費者金融と比較すると、店舗数などは及ばないものの複数の店舗を展開し、インターネット申込などに対応することで、全国の顧客に対応している業者です。

小規模の消費者金融は地元特化型の業者であるため、ネット申込などに対応していない業者もあります。

大手消費者金融との違い

中小消費者金融と大手消費者金融では、以下の違いがあります。

・審査基準が異なる

大手消費者金融では消費者金融から初めてお金を借りる人がメインターゲットで、過去に支払いの延滞などがある場合には、審査に受からないことがあります。

しかし、中小消費者金融では、審査に通ることがあります。また、すでに複数社借入をしている人向けにも独自の審査基準を用いて貸し付けを行っています。

・契約手続きなどに時間がかかるので、即日融資は難しい

大手消費者金融の場合、インターネット上で必要書類を送付するだけで契約手続きまで済ませられるなど、即日融資にも対応できます。また、自動契約機でローンカードの発行ができ、インターネットと提携ATMを利用することで、すぐに借入を行うことが可能です。

中小消費者金融は決められた時間内に来店できない場合、契約手続きができないことがあります。また、銀行振り込みでの融資が多いため、送金できる時間が平日の午前9時~午後3時までに限られているため、即日融資のハードルが高いです。

闇金との見分け方

中小消費者金融と闇金との見分け方は以下の通りです。

・金融庁の公式ホームページを確認する

中小消費者金融は、正規な貸金業者であり必ず登録しています。そのため、金融庁のホームページ上で登録番号を検索できます。登録番号が見つからなかった業者は、闇金である可能性が高いです。

しかし、闇金の中には架空の登録番号をWEBサイトや広告に掲載している業者もあるため、必ず金融庁の検索サービスを利用しましょう。