入学時に必要な資金。借入で負担を軽減。

入学時に必要な資金。借入で負担を軽減。

大学入学時には、かなりのまとまった額の資金が必要になります。4年もしくはそれ以上続く大学生活の中で、特に資金が必要なのが入学時です。今回は、大学入学時にどんな資金が必要になるのかをご紹介します。

 

大学入学時に必要な資金とは

◇入学金や授業料

大学に進学するにあたり、初年度は入学金の納入が必要となります。入学金は大学によっても、文系か理系かによっても変わってきますが、25万円~30万円であるケースが多いようです。

この他、授業料に加えて、大学の設備を利用するという名目で費用がかかることがあります。研究室などを有する理系や医学系では高い傾向があり、20万円近くかかることもあります。

 

◇教材などにかかる費用

講義の際には、教授が指定したテキストを使用します。大抵はその教授が著者となって出版している本を購入しますが、数冊書籍を指定されることもあります。一般的に販売されている本に比べて、大学で使用する書籍は高額で、一冊数千円することもめずらしくありません。

また、語学であればテキストの他に辞書が必要となりますが、これらの教材にかかる費用もみておく必要があります。

 

◇遠方に進学する場合は引っ越し費用
大学が遠方にあり自宅から通えない場合には、進学にあたって引っ越す必要があります。大学の寮に入ることができれば賃料などは格安で利用できますが、多くの場合はワンルームのマンションなどを賃貸して引っ越すことになります。その場合、敷金や礼金、引っ越し費用などの諸費用がかかります。また、引っ越し費用に加えて家具や家電をそろえる必要があるため、かなりまとまった費用が必要になります。

 

◇お祝い返し

意外に抜けがちなのが、入学祝いへのお祝い返しです。大学進学はひとつの大きな区切りともいえる上、これから成人を迎えることもあり、小学校や中学校への入学祝いよりも多くいただくこともあります。それに応じて、お祝い返しもある程度の予算をみておく必要があるでしょう。

 

必要な資金をどこから賄うか

入学時には、ざっとみてもこれだけ大きな資金が必要になります。遠方に進学して下宿、理系などの条件が重なれば、一般的な資金額よりも必要となる額が高くなることもあります。では、これらの資金はどこから賄えばよいのでしょうか。

 

◇学資保険

学資保険に加入していて、大学進学時を満期に設定しているのなら、学資保険の資金を充てることができます。大学進学後に毎年返戻金を受け取れる設定にしている人もいるかもしれませんが、学資保険からの資金はかなり入学資金の助けになるものです。ただ、学資保険からの返戻金だけでは入学資金を賄えないケースが多いのも事実です。

 

◇自己資金

学資保険がない場合には、自己資金から入学資金を捻出することになります。学資保険には加入していないものの、積立貯金を続けて入学時に備えてきたという方も多いかもしれません。

 

◇借入金

一方で、なかなかまとまった貯蓄ができないまま子どもの入学を迎えるケースも少なくありません。そんなときに役立つのが学資ローンなどの借入金です。目的別ローンにしておけば、フリーローンなどに比べて年利が低いため、利用しやすいケースも多いもの。他にも、奨学金を借り入れるという方法もあります。

学資ローンであれば返済者は両親となりますが、奨学金の場合は子の名前で借り、子が返済するというスタイルが一般的です。また、ローンによっては使途が限定されていることもあります。目的や特徴をよく理解して利用しましょう。

 

かなり大きな資金が必要となる大学入学のタイミング。学資保険や貯蓄で賄うことができればそれに越したことはありません。入学時までになかなかまとまった資金が作れなかったというかには、学資ローンなどの借入金も選択肢のひとつです。