住宅ローン借り換えのタイミングは?メリット・デメリットなども解説

住宅ローン借り換えのタイミングは?メリット・デメリットなども解説

住宅ローンの借り換えは、返済額を抑えられるなどのメリットがあります。しかし、どのようなタイミングで行えば良いのか悩んでいる方もいるでしょう。今回は、住宅ローンの借り換えのタイミングやメリット・デメリット、注意点などをみていきましょう。

住宅ローン借り換えを検討すべきタイミング

次のようなタイミングで借り換えを検討しましょう。


・金利が高くなった時

変動金利などの住宅ローンを契約している場合、金利が見直される時期があります。契約内容や金利タイプで異なるものの、金利が高くなるケースも想定されます。金利が高くなった場合、返済金額も増加するため注意が必要です。


・収入の低下が見込まれる時

低金利での借り換えを行うために、利率が下がるのを待って借り換えを行う方も少なくありません。しかし、金利が下がる時期は把握できないことに加え、景気が悪化した場合には、収入が下がる可能性があります。

年収は審査において支払い能力の有無を判断する重要な項目です。年収が下がると審査に通らなくなる可能性があるため、借り換えは早めに行いましょう。


・転職前

勤続年数は住宅ローン審査において重要な項目であり、勤続年数が短いと審査に通りづらくなります。借り換え時は審査基準が厳しいため、審査に通りやすくするためにも転職前に借り換えを行いましょう。

借り換えのメリット・デメリット

借り換えのメリット・デメリットをみていきましょう。

・返済額を減らせる

借り換えの大きなメリットは、総返済額を減らせることです。また、契約内容によっては返済期間を短縮できます。

現在の住宅ローンと金利差が1%以上ある場合も、経済的な負担を減らせるといわれています。


・団体信用生命保険の内容を見直せる

団体信用生命保険の契約内容に関しては、基本的には返済期間中に変更できません。しかし、借り換えの手続きを行った場合、補償内容を見直せます。そのため、借り換え契約のタイミングでは、より自分に適した内容の保険に切り替えることが可能かも知れません。

ただし、団体信用生命保険によっては、住宅ローン金利が現在よりも上昇する可能性があるため注意しましょう。


・諸費用が必要で、手続きが大変

住宅ローンの借り換え時には、事務取扱手数料や保証料などの諸費用がかかります。金融機関によって異なるものの、一般的に数十万程度の費用がかかるため、減額につながるのか慎重に検討しましょう。

また、借り換えには審査が必要です。審査に必要な書類の準備に手間がかかるだけでなく、仮審査や本審査の結果が出るまでには時間がかかります。仮に審査に落ちた場合は、再度書類などを準備するだけでなく、自分の属性を見直す必要があります。

借り換え時の注意点

借り換え時の注意点をみていきましょう。

・返済額がそれほど抑えられない場合がある

借り換えを行う場合、現在の金融機関よりも金利が低い所を利用すれば、総返済額が減らせると想定できるでしょう。しかし、金融機関ごとに契約内容や諸費用の金額が異なるため、返済額が想定していたよりも抑えられない場合もあります。そのため、必ず複数の金融機関で比較しましょう。


・審査に落ちる場合がある

最初に住宅ローンを組んだ段階で収入や健康状態などに問題がなかった場合でも、借り換え時に転職による収入の低下や健康状態が悪化することもあります。その場合は、審査に通りづらくなる点は把握しておきましょう。

また、借り換えでは、他のローンの借り入れも評価対象となる点に注意が必要です。仮に滞納や延滞をしていた場合も審査に落ちやすくなります。

まとめ

住宅ローンの借り換えには、返済額を減らせるといったメリットがあります。しかし、再度審査が必要になるなど時間や手間がかかります。また、借り換えを行っても返済額を抑えられない場合もあるため、借り換えを行う金融機関ごとの違いを比較・検討しましょう。