根抵当権とは?抵当権との違いやメリットについて解説

金融機関などから融資を受ける際、抵当権もしくは根抵当権を設定する必要があります。それぞれの権利で特徴が異なるため、事前に把握することが大切です。今回はそれぞれの権利の特徴や違いを解説し、メリットについて解説します。

根抵当権と抵当権

根抵当権と抵当権の特徴は以下の通りです。

・根抵当権は、不動産などの担保価値を算出したうえで、その価値に応じて極度額を定め、範囲内であれば何度でもお金を借りたり、返済することが可能です。

・抵当権は、家や土地などを購入する場合、銀行などの金融機関でローンを組んで購入した時に設定される。

こうした権利を設定することで、債権者となる金融機関などは債務者が返済できなくなった場合に、債権を確実に回収します。

根抵当権と抵当権の違いとは

・担保とする債券が限定されず何度でも借入可能

担保とする債券を設定する際に以下のような違いがあります。

抵当権は対象となる債権が限定されるものの、根抵当権は極度額や債券の範囲を定めるため、1つの債券に対して複数の抵当権の設定が可能です。

・設定後は当事者の合意がないと抹消できない

抵当権の対象となる債券が完済された場合、抵当権の効力は消滅します。しかし、根抵当権の場合は、現在の債券が完済されても自動的に消滅しません。借り手と貸し手の双方の合意のもとに抹消します。

抹消手続きにかかる費用は、司法書士報酬次第で価格が変動します。

また、抹消する際の注意点としては、多額の借入金を一度に返済するなどの行為を行った場合、手数料や違約金を請求されることがあるので注意しましょう。

根抵当権のメリット

・多数の債券を担保とできる

債券の範囲に記載されている債券であれば、どの借入についても担保にできるので、さまざまな融資形態に対応できるメリットがあります。

・抵当権よりも手間と手数料を節約できる

抵当権は1度融資を受けるたびに設定登記が必要です。そのため、融資を受ける数が多ければ多いほど、その分の手間と手数料がかかります。

しかし、根抵当権は、最初の融資の際に極度額分を1度だけ設定登記するだけなので、登記に必要な書類などを用意する手間や費用を抑えることが可能です。

・極度額内で反復借入が可能

根抵当権を設定すると何回でも借入と返済を繰り返すことが可能です。追加融資の審査期間を短縮できるので、事業資金などの融資に利用されています。