不動産担保ローンの必要種類|スムーズな融資を受けるための事前確認

不動産担保ローンの必要種類|スムーズな融資を受けるための事前確認

不動産担保ローンを利用する際には、他のローンと同様に審査が必要です。審査をスムーズに進めるためにも、必要な書類を押さえておきましょう。

不動産担保ローンの審査時に必要な書類

不動産担保ローンを利用する前には、事前審査が必要になります。審査の段階では、担保となる不動産の価格を鑑定するとともに、申込者の本人確認や返済能力があるかの確認がされます。
そのため、審査時には大きく分けて、不動産の鑑定のための書類と、本人および本人の収入を確認するための書類が必要になります。申込時に必要書類を確認することをお勧めします。

◇物件案内図・不動産の登記簿謄本の登記時事項証明書

担保物件の詳細を知るために必要な書類です。どの場所に不動産があるかを知ることができます。これらの書類は、法務局で入手可能です。

◇土地図面(公図)や建物図面

こちらは、土地および建物の正確な情報を知るためのものです。公図には土地の境界や区画が記されており、公図を用いることで不動産を特定することができます。建物の図面は、土地の上で建物がどのような位置に建てられているかなどが記されており、建物を特定するのに役立ちます。

どちらの書類も、法務局で取得することができます。

◇地積測量図

地積測量図は、土地の面積を正確に記載した書面です。不動産の価格を割り出すためには、正確な面積を知る必要があります。地積測量図も基本的に法務局で入手することができますが、すべての土地に測量図がついているわけではありません。

◇前年度の固定資産税納付を証明するもの

固定資産税を納めることで、固定資産税納付証明書、または納税通知書が手元に届きます。不動産担保ローンの審査には、この書類も必要になる場合もあります。

◇固定資産税評価証明書

固定資産税評価証明書は、その不動産の固定資産税を決定づける他、不動産を売却する際の参考価格としても利用されます。市区町村役場で取得できます。

◇売買契約書や重要事項説明書など、購入予定の不動産に関する情報

不動産担保ローンを不動産の購入目的で申し込む場合には、購入を希望している不動産に関する情報が必要です。その不動産を売りに出したときに、どれくらいで売れそうかを金融機関が把握し、融資額の参考にするためです。

◇借入返済予定表や借入残高証明書

不動産担保ローンを借り入れる前に他のローンなどで借り入れがある場合、借入に関する情報が必要です。これは、申込者の返済能力を確認するためです。借入返済予定表等の書類は、借入先の金融機関に発行してもらえます。

不動産担保ローンの申込時に必要な書類

◇本人確認書、収入証明書

契約の際には、契約者本人であることを証明するために、運転免許証などの本人確認書類が必要となります。また、申込者が無収入ではないことや返済能力があることの証明として、収入証明書の提出も求められます。収入証明書は、勤務先に頼めば発行してもらえます。個人事業主の場合は、市区町村役場が発行する所得証明書や、税務署が発行する納税証明書などで代用することができます。

◇住民票

家族全員が記載されているもの

◇権利証や登記識別情報通知書

担保に入れる不動産が本当に申込者の所有になっているかを証明するための書類が、権利証や登記識別情報通知書です。登記識別情報をもとに、金融機関は不動産に担保設定をすることになります。

◇実印と印鑑証明書

契約書には実印を押印しますが、それが実印であることを証明するために印鑑証明書が必要になります。印鑑証明書は市区町村役場で取得することができます。

不動産担保ローンを申し込む際には、審査段階でさまざまな書類が必要です。また、審査が通って契約をする段階でも必要な書類が多々あります。書類の不備があるとその分審査や契約のタイミングが遅れてしまうので、滞りなく融資を受けるためにも書類の準備はしっかりしておきましょう。

申込時に書類が無くても大丈夫?

申込時、実は書類が手元に無くても審査を進められるケースもあります。金融機関によって、必要となる書類が異なるためです。例えば、納税証明書は全部で4種類あるため、どれが必要なのかは金融機関に詳細を確認する必要があります。


借り入れ元によっては事前審査をWeb上で全て完結させることも可能です。ただし、全ての書類が不要となるわけではないため、金融機関のアナウンスに従うことが大切だといえるでしょう。

連帯保証人や連帯債務者も必要な不動産担保ローン契約時の書類

不動産担保ローンを利用する際は、連帯保証人や連帯債務者が必要とされる場合があります。連帯保証人に関しても、申込者と同様に返済能力や信用力を審査されることを把握しておきましょう。

審査時は、連帯保証人の内容(住所、勤務先、勤続年数、年収など)や必要書類の提出も求められることになります。また、連帯保証人欄は連帯保証人となる本人が記入しなければなりません。そのため、審査・契約時に必要な書類に関しては、事前に準備をお願いしておきましょう。

不動産担保ローンにおいて、連帯保証人を必要とする多くのケースは、連帯保証人が所有している不動産を担保に入れる場合です。こういったケースでは、担保とする不動産についての情報や書類もあらかじめ準備する必要があります。

不動産担保ローンの融資の流れを解説

不動産担保ローンで融資を受けるまでの基本的な流れをみていきましょう。

1.申込
融資の申込は、電話やインターネットで行うのが一般的です。
インターネット経由で申し込んだ際は、後ほど金融機関のスタッフからメール・電話で連絡があります。
回答内容や入力内容に不備があると、審査の結果連絡が来るまで時間がかかるケースもあるため注意しましょう。

2.本申込
必要書類を持参して金融機関の窓口に行き、正式に融資を申し込みましょう。もしくは、金融機関から申込に必要な書類が郵送されてくるため、申込書類に記入・捺印し、必要書類と一緒に返送します。提出漏れや不備がないように確認することが大切です。

3.審査
申込後は、金融機関が担保とする不動産の現地調査や申込者の信用情報調査などを実施し、審査を行います。担保を必要としないカードローンなどは、申込者の情報のみを調べればよいため、当日中に審査が終わるケースも少なくありません。

しかし、不動産担保ローンは物件調査が必須である点や確認する書類も多い点から、本申込から審査完了までは一般的に1週間程度かかります。

利用する金融機関によっては、保証会社の正式審査も合わせて行われることがあります。その場合、金融機関と保証会社の双方の審査を通過しなければ契約できません。

まとまった金額をすぐに用意しなければならない場合は、無担保ローンの利用を検討しましょう。

4.契約
審査に通過したら、必要書類を揃えて金融機関の窓口などで契約を行います。契約時には、印紙代などの諸費用がかかることがあるため、事前にどの程度の金額が必要となるのか、契約する金融機関に確認しておきましょう。

5.融資
契約完了後、融資実行日に指定した口座へ資金が振り込まれ、返済を進めていきます。

不動産担保ローンならニチデン

関西を拠点としているニチデンの不動産担保ローンは、個人・法人・個人事業主向けの金融商品です。ニチデンの不動産担保ローンは、最大1億円までのワイドな融資が可能な点と20年以内の長期にわたる返済が可能となっている点が特徴です。

また、年率4.8%~14.6%と低金利で審査のハードルも低いため、利用しやすいといえるでしょう。住宅ローンの返済中であっても利用可能であり、抵当順位も気にする必要はありません。

対象の不動産土地・建物・マンション・ビル等、未登記・共有名義分・借地上の建物、第二順位以下も可
利息実質年率/4.8%~14.6%(ただし要審査)
遅延損害金年率20.0%
返済期間20年以内(1ヶ月~240ヶ月)/1~240回
返済方法元金一括払・元利均等払、ボーナス併用返済・元金据置自由返済(要相談)
対応エリア大阪・奈良・和歌山・滋賀・三重・京都・兵庫

ニチデンの不動産担保ローンは、お支払い方法・プランの見直し・追加融資など、契約後の手厚いアフターフォローも魅力です。柔軟な対応が可能なところも注目すべき利点といえるでしょう。

https://www.nichidensya.co.jp/fudosan/

まとめ

不動産担保ローンを利用する際には、申込者の本人確認や返済能力の有無だけでなく、担保となる不動産についても審査が行われます。そのため、審査時には多くの書類の準備が必要です。

金融機関によっては、連帯保証人にも書類の提出が求められることがあります。申請に必要な書類や融資までの流れを把握したうえで、不動産担保ローンを利用しましょう。

不動産担保ローンに関する記事は下記もご参照ください。