ローンとは?種類や特徴、利用するメリットについて徹底解説

ローンとは?種類や特徴、利用するメリットについて徹底解説

手持ちの現金に余裕がないタイミングで、高額な品物などを購入する場合、ローンを利用するケースは多いでしょう。しかし、住宅ローンやカードローンなどさまざまな種類があるものの、違いを知らないという方もいるのではないでしょうか。

実際に上手く活用するには、種類やクレジットカードとの違いなどを知っておかなければなりません。今回はローンの種類、利用するメリットや注意点、選ぶ際のポイントについて詳しく解説していきます。

ローンとは?

ローンとは「何かを貸す」「貸付金」を意味する言葉です。金融機関が提供しているお金を融資する商品やサービスによく使用されます。銀行や貸金業者などからの借入後は、借りたお金を分割したうえで、利息を上乗せして返済していく必要があります。

ローンとクレジットの違い

ここからは、ローンとクレジットのサービスの違いについてみていきましょう。


ローンは利用者に対してお金を融資するサービスで、返済する場合は毎月一定の金額を分割払いしていくのが一般的です。マイカーローンや住宅ローンなどの種類があり、手元にお金がなくてもサービスを利用できます。


クレジットは、商品の購入やサービスの提供を受けるための後払いの支払い手段です。例えば、商品やサービスの購入時にクレジットカードを利用すると、代金をカード会社が一時的に立て替えてくれます。


支払いに関しては、翌月まとめて支払うか毎月分割で支払う場合があります。ローンが借りたお金を返済していくのに対して、クレジットはカード会社が立て替えて支払った商品やサービスの代金を後から支払うことになる点が大きな違いだといえるでしょう。

ローンは大きく分けると2種類

ここでは、ローンの種類についてみていきます。ローンは大きく分けると目的別ローンと自由型ローンの2種類です。
それぞれのローンの特徴は、次のようになります。

目的別ローン

住宅ローン自動車ローン教育ローン事業者ローン
使い道住宅の購入自動車の購入学費事業資金
貸付元銀行・公庫銀行・信販銀行銀行・ノンバンク
保証人・担保必要必要または不要必要または不要要代表者保証
金利低い低い低い低~高
審査厳しい厳しい厳しい厳しい

自由型ローン

フリーローン不動産担保ローンカードローン
使い道自由自由自由
貸付元主に銀行銀行・ノンバンク銀行・ノンバンク
保証人・担保必要または不要要担保不要
金利比較的低い低~中低~高
審査比較的易しい厳しい比較的易しい

目的別ローンの種類

住宅や自動車の購入など「使途が特定の目的に限定されたローン」が目的別ローンです。
多くの場合、数十万~数百万円の高額な出費が必要なケースで利用されています。目的別ローンは金利が低いことがメリットで、一般的には10%未満に設定されています。

住宅ローン

住宅購入や新築費用に利用できるローンです。利用者本人が居住する目的で住宅を取得するため、他人に貸す、商売を目的とした不動産購入には利用できません。


住宅ローンに関する記事は下記もご参照ください。

自動車ローン

自動車やバイクの購入など自動車関連の費用に限定されています。自動車ローンには、カーディーラーで組める「ディーラーローン」、銀行などの金融機関が提供する「銀行系マイカーローン」の2種類があります。


ディーラーローンはディーラーが提携している信販会社が提供しているものであるため、ほとんどは車の購入と同時に契約します。審査にかかる時間は短いものの、金利が高く、返済完了まで自分が車の所有者になれない点には注意が必要です。


銀行系マイカーローンの場合、所有者が契約しなければならず、審査基準が厳しい点も知っておきましょう。しかし、支払期間中でも車の所有者になれることに加え、金利が低いというメリットがあります。

教育ローン

教育ローンは、学校の入学金や授業料など教育関係の費用に限定されています。種類は、日本政策金融公庫が子供の進学に必要な資金を保護者に融資する「国の教育ローン」と「民間の金融機関のローン」の2つです。


国の教育ローンは、民間よりも比較的金利の設定が低く、家庭の状況に応じて保証料や金利の優遇を受けることが可能です。対して、審査に時間がかかる、世帯年収による利用制限があるなどのデメリットもあります。


民間の金融機関が取り扱う教育ローンは、国のローンよりも提出書類が少なく、最短で即日融資を受けられる金融機関もあります。金融機関ごとに商品内容や金利といった条件が異なるため、自分に適したローンを選びましょう。

事業者ローン

設備資金や運転資金など事業運営のため、必要な資金を借り入れるためのローンです。法人だけでなく、個人事業主も利用可能です。

自由型ローンの種類

自由型ローンは目的別ローンとは違い、使い道が制限されません。そのため、旅行費用や生活費などにも活用できます。

フリーローン

使い道が限定されていないため、目的別ローンと比較すると手続きの負担が少なく、短期間での借入が可能です。借入後は、計画的に返済を進められます。また、追加融資を希望する場合には、再度手続きが必要です。

不動産担保ローン

自分が保有している不動産を担保に入れることで、融資を受けるローンです。一般的には、無担保よりも金利が低いことに加えて最大融資額が大きく、返済期間を長く設定できます。


しかし、返済が困難と判断されれば、担保に入れた不動産を売却し、ローンを返済する必要があります。

カードローン

契約時に限度額が設定され、限度額の範囲内であれば何度でも借入が可能です。そのため、急にお金が必要になった場合でも比較的容易に利用できます。デメリットは、借入残高や返済金額が把握しにくい点から、計画的な返済がより大切になることです。


フリーローンとカードローンの違いに関する記事は下記もご参照ください。

ローンを利用する3つのメリット

ここでは、ローンを利用する3つのメリットをみていきましょう。

高額商品の購入時に現金を一度に出す必要がない

日々の生活のなかで、ある程度まとまった資金が必要となるケースは誰にでもあります。手持ちの資金に余裕がない場合でも、ローンを利用すれば商品やサービスの購入が可能です。

突然の出費でも補うことができる

ケガや病気による医療費の支払いなど予期せぬ出費には、お金をすぐに用意できない場合もあるでしょう。ローンを利用すれば、思わぬアクシデントやトラブルがあっても資金を補えます。

計画的に返済が可能

ローンは、月々の返済金額や支払い回数を任意で決められる商品が多くなっています。そのため、短期間でまとめて返済、長期間で少しずつなどライフスタイルに合わせて計画的に返済が可能です。

ローンの注意点

継続的な出費に対してのカードローンやキャッシングの利用には注意が必要です。なぜなら、資金の借入を行った場合、借入資金と利息を支払う必要があり、利息が高いローンであればあるほど、返済期間が長くなる可能性があるからです。借入を行う際には、期間と総返済額を考慮しましょう。

ローンを選ぶポイント

ここからは、ローンを選ぶ際のポイントをみていきます。金利や保証人、返済管理のしやすさ、借入までのスピードを比較して自分にあったサービスを選択することが大切です。

金利

借入金額が増加し、借入期間が長くなるほど金利の支払い負担が増えていきます。金利と収支のバランスを把握したうえで、計画的な利用を行いましょう。

保証人の要不要

保証人が必要とされる場合、保証人不要のローンと比較すると金利が低く、融資上限額が高い点が特徴です。しかし、保証人を探す手間がかかる点には注意が必要です。


保証人が不要な場合、申込者のみで利用が可能です。また、保証人手続きが必要ないため、融資がスムーズになる点は魅力です。

返済管理のしやすさ

借入ができても、返済管理が難しい場合、返済が途中で滞る可能性があります。長い期間、返済が滞った場合、信用情報にキズがつくブラックリストに載ることになる点は知っておきましょう。


ブラックリストに載ってしまうと社会的信用を失ってしまい、新たに借入ができない、クレジットカードが作れないといったことになります。そのため、返済管理のしやすさもローンを選ぶ際の重要なポイントです。

借入までのスピード

ローンの種類によって、借入までのスピードは大きく異なります。そのため、自分の目的や状況に合ったローンの選択が重要です。資金に余裕がない場合、すぐに借入ができる自由型のフリーローンやカードローンを利用しましょう。


消費者金融の上限金利に関する記事は下記もご参照ください。

ニチデンをおすすめする理由

ニチデンのローンは審査が最短10分と早く、午後2時までの申し込みであれば、即日振込も可能です。フリーローンは50万円まで使い道自由とされており、限度額内であれば何度でも利用可能です。借入時は来店不要で、スマホで簡単に申し込めます。


他にも事業者ローンと不動産担保ローンを提供しています。場合によっては、指定する場所へ届けてもらうことも可能です。現在キャンペーン中につき、はじめての方であれば最大100日間無利息となっています。

まとめ

ローンを利用する場合、それぞれの商品によって特徴が異なるため、目的や状況に応じて適した商品を選ぶことが大切です。また、商品内容や金利などは提供する金融機関ごとに違いがあります。そのため、借りるときの条件のみでなく、最終的な返済金額も検討しなければなりません。


本記事を参考に、資金を調達する際には、返済計画も考慮しながらローンを選びましょう。