消費者金融の金利とは?利息の計算方法や、金利の決まり方などを解説

消費者金融からの借入を検討する場合は、金利について把握することが大切。消費者金融の金利を理解し、低い金利でお金を借りるほど、借金返済時の金利を抑えることが可能です。今回は、消費者金融の金利を説明しつつ、金利の計算方法や決まり方、金利の下げ方を解説します。

消費者金融の金利について

消費者金融の金利について解説していきます。

・金利を実質年率と表記している

消費者金融では金利という表記ではなく、実質年率と表記するように「貸金業法」という法律で義務付けられているため、「金利○○%~○○%(実質年率)」のように表記されるのが特徴です。実質年率は、手数料や保証料などを含めた金利であるため、利用者が実質年率以外に料金を請求されません。

・上限金利が法律で定められている

消費者金融の金利は「利息制限法」で、以下のように上限が定められています。

借入金額

金利(実質年率)

10万円未満

20.0%まで

100万円未満

18.0%まで

100万円以上

15.0%まで

このように上限金利が定められているため、借入額にかかる金利が20.0%を超えることはありません。

・消費者金融の金利は適正金利

消費者金融の金利は高いと思われがちです。しかし、消費者金融は営利を目的とした企業体であり、主に平均年収前後の人へ融資を行うというリスクをとっています。そのため、消費者金融の金利は高いイメージがあるものの適正な金利であるといえるでしょう。

消費者金融の利息の計算方法と金利の決まり方

消費者金融の利息の計算方法と金利の決まり方は以下の通りです。

・利息の計算方法

消費者金融における金利は、返済時の利息の金額を算出するための数値であり、お金を借りたサービス料が利息で、利息の計算方法は以下の通りです。

「借入金額×金利(実質年率)÷365日×借入期間(日数)=利息」

そのため、借入額と金利、借入期間が分かっていれば、利息の計算ができます。

以下の条件でお金を借りた場合の利息を計算してみます。

借入金額:10万円

実質年率:18.0%

借入日数:90日間

10万円×18.0%×90日÷365日=4,383円(利息額)

この場合の最終的な支払総額は、10万4,383円です。このように実質年率が分かれば利息の計算は簡単に行えます。

・適用金利は利用限度額で決まる

消費者金融の適用金利は、実際の借入額で決まるのではなく、利用限度額で決まるのが特徴です。

例えば、利用限度額が50万円の人が10万円を借りた場合の適用金利は18.0%となります。それに対して利用限度額が100万円以上の人が10万円を借りた場合の適用金利は15.0%です。

このように借入金額が同じでも、利用限度額によって適用金利が決定されることは覚えておきましょう。

・利用限度額が多いと金利が下がる

カードローン利用時は利用限度額が大きくなるほど、適用金利が下がります。この特徴は他の消費者金融でも同様です。しかし、利用限度額が低ければ低いほど適用金利が高くなることは把握しておきましょう。

消費者金融の金利の下げ方

消費者金融の金利を下げる方法は以下の通りです。

・無利息サービスの利用

無利息サービスは、大手消費者金融が提供しているサービスであり、初めての契約であれば、30日間限定で借入金額の利息が0円になります。無利息期間が終了すると通常の利息がかかるものの返済時の金利を下げることが可能です。また、30日以内で返済すれば、利息がかからないため、有効に活用しましょう。

・契約時に設定された利用限度額を増やす

契約時に設定された利用限度額を増やすことができれば、借入時の金利を下げられます。審査に通れば利用限度額は増やせるので、金利を引き下げたい場合は、増額を検討しましょう。