初めての住宅ローン金利や借入先など選び方のポイントを解説

初めての住宅ローン金利や借入先など選び方のポイントを解説

住宅を購入する際は多額の資金が必要となることから、ローンの利用を検討する方もいるでしょう。しかし、どのように選べばよいのかわからないケースも多いといえます。この記事では、住宅ローンを選ぶ際に重要な5つのポイントを解説していきます。

住宅ローンを「金利のタイプ」から選ぶ

住宅ローンの金利は、変動金利型、全期間固定金利型、固定金利期間選択型の3種類です。それぞれの金利の特徴をみていきましょう。

変動金利型

市場金利の変化に応じて、返済の途中でも金利が変動するタイプです。金利は半年ごと、毎回の返済額は5年に一度見直されます。一般的には固定金利よりも金利が低く設定されています。

借り入れ当初よりも金利が低下した場合、毎月の返済額が低減するものの、金利が上昇した場合には毎月の返済額が増加するという特徴があります。

全期間固定金利型

特徴として、借入時の金利が返済開始から終了まで固定されているため、市場金利が上昇しても影響を受けません。毎月の返済額や総返済額も変動しないため、返済計画を立てやすい点は魅力です。しかし、他の金利タイプよりも金利が高めになることは把握しておきましょう。

固定金利期間選択型

借り入れ当初から一定期間金利が固定されるタイプです。固定期間終了後は、自分で金利のタイプを選ぶ必要があります。固定金利の期間は、2年・5年・15年といった選択肢があります。

また、固定金利期間中は金利の影響を受けないものの、期間終了後に市場金利が上昇している場合には、返済額が膨らむ可能性があることはデメリットとなります。

住宅ローンを借入先や住宅ローンの「種類」から選ぶ

住宅ローンを選ぶ際のポイントとして、借入先や種類についても知っていきましょう。

公的ローン

公的な機関が融資を行う財形住宅融資や自治体融資が該当します。財形住宅融資は、財形制度のある企業などに勤務し、財形貯蓄をしている場合に借りられる住宅ローンです。

自治体が行う融資は、都道府県や市町村が行っている住宅ローンとなります。自治体によって融資の方法が異なることに加え、全ての自治体が行っているわけではない点はよくチェックしましょう。

民間ローン

次のような民間の金融機関が提供しており、審査基準や金利などが金融機関ごとに異なります。

メガバンク

審査が点数制である点が特徴です。勤続年数・年収・借入希望額から点数が出され、ローンの利用可否や利用可能な金額が決定されます。比較的金利が低く設定され、審査のスピードも比較的速いといえます。

地方銀行

他の金融機関よりも金利は高めに設定されています。しかし、個人に合わせた柔軟な対応を行ってもらいやすく、審査でも個々の事情を考慮するケースが多い点が魅力です。

ネット銀行

手続きが全てネット上で完結します。対面の店舗がなく、人件費も抑えられているため、メガバンクや地方銀行よりも低金利な傾向にあります。

対面の店舗がないため、審査での柔軟性は乏しいです。また、審査期間が長引くケースもあるため、早めの申し込みが大切になります。

フラット35

住宅金融支援機構と民間の金融機関が提携して融資している住宅ローンで、最長で35年間、借り入れ開始から完済時まで金利が変わらない点が特徴です。

長期間にわたって月々の返済額が変わらないため、資金計画や返済計画を立てやすいのがメリットといえます。借入期間は、原則15年以上かつ35年以内、または契約した際の年齢から80歳になるまでの範囲内で借入期間が設定できます。

審査では、雇用形態や勤続年数が問われないことから、審査基準は比較的緩めだといえるでしょう。

3.万が一のために「団体信用生命保険」も検討する

多くの金融機関では、住宅ローン契約時に団体信用生命保険への加入を条件としています。ここでは、団体信用生命保険の詳細についてみていきましょう。

団体信用生命保険とは?

住宅ローンの契約者が死亡した場合や高度障害状態となった場合に、残りのローンが保険金で完済される保険です。一般的に保険料に関しては、住宅ローンの金利に含まれるため、契約者の負担はありません。
団体信用生命保険は住宅ローンの契約時のみ加入できる保険であるため注意しましょう。

告知義務・免責事項に注意

団体信用生命保険に加入するためには、健康状態に関しての審査を受ける必要があります。告知書に過去の傷病歴や現在の健康状態などを正しく記載することが重要です。仮に告知義務違反となった場合、保険契約を解除されることがあります。
また、契約前には免責事項(どのようなケースで保険金が支払われないか)を確認しておきましょう。

オプション団信

住宅ローンの返済期間中に大きな病気をした場合や介護が必要な状態になった場合、「医療費や介護費」、「生活費」、「住宅ローン返済の資金」が必要です。保障を全て民間の生命保険などで備えると保険料の負担が大きくなってしまいます。

そのため、個別に保険に入るよりも保険料が割安になるため、住宅ローン返済分はオプション団信で備えましょう。保障の範囲が異なるものがあるため、利用を検討する際には、特約内容の確認が大切です。

4.住宅ローンを「諸費用」も含めて選ぶ

住宅ローンの借り入れを行う場合、保証料や事務手数料、印紙税、登記関連費用などの諸費用がかかります。一般的には、物件価格の5~10%程度の金額が必要です。諸経費は、金融機関によって設定が異なるため、比較を行うことでコストを抑えられる場合があります。

5.住宅ローンを「返済方法」から選ぶ

住宅ローンの返済方法は、元利均等返済と元金均等返済の2種類です。それぞれの返済法の違いをみていきます。

元利均等返済

元金と利息を合計した金額を均等にして返済します。元金均等返済に比べ、返済開始当初の返済額が少ない、毎月の返済額が一定であることが特徴です。しかし、元金の減る速度が遅く、総返済額が増加する点には注意が必要です。

元金均等返済

毎月の返済額における元金部分の金額が一定で、利息はその時点での残債に合わせた金額を返済します。元金の減少にともない支払う利息の額が減少するため、利息を早く返済することが可能です。元利均等返済より総返済額は少ないものの、返済開始当初の返済額が多くなる点には注意しましょう。

住宅ローンを選ぶ際の注意点

住宅ローンを取り扱っている銀行や金融機関は多くあるものの、友人や知り合いなどのおすすめを選ぶのは避けましょう。


人によって将来設計が異なることに加え、返済プランも異なります。そのため、知り合いや友人には適したローンであっても自分に合っているとは限りません。住宅ローンは自分に合ったものを検討しましょう。

まとめ|無理のない住宅ローンを選びましょう

住宅ローンは多額の借り入れが必要となるため、無理のない返済計画を立てることが大切です。金利タイプや借入先などの違いを把握しつつ、どのようなローンが自分に合っているかを考慮したうえで、慎重に選びましょう。

住宅ローンについて更に詳しく知りたい方は、以下のページもご覧ください。