仮想通貨の買い方

仮想通貨の買い方

仮想通貨が話題になっている今、自分も始めてみたいという人も増えているかと思います。しかし、そもそも仮想通貨の買い方もよくわからないという人も多いかもしれません。今回は、仮想通貨の買い方や保管方法について、詳しくご紹介します。

 

まずはネット上の「取引所」に登録

仮想通貨の取引というと難しそうなイメージがあるかもしれませんが、一度手順を理解してしまえば、難しいことは何もありません。皆さんはネットショッピングを利用することはあるでしょうか。ネットショッピングは、最初こそ会員登録など、多少面倒なことはあるものの、一度利用を始めてしまえば、あとは欲しいものを欲しいときに買うだけで、決して難しくないという方も多いと思います。仮想通貨の買い方も、それと同じような感覚とイメージしても良いかと思います。

ネット上に存在する取引所に登録することで、いつでも仮想通貨の売買ができます。まずはこの登録から始めていきましょう。できれば早い段階で、ひとつだけではなく複数の取引所への登録をおすすめします。これは仮想通貨に限ったことではありませんが、資産を複数の場所に分散させることで、何かあった際にもリスクを分散できます。ひとつの取引所だけの場合、いつそこがサーバーダウンするかわかりませんし、最悪の場合にはそこに保管している通貨がすべてなくなってしまう、ということも考えられます。

「そうは言っても、最初は少ない元手で試してみたい」という方も、取引所の口座開設は無料ですので、最初の登録が完了次第、続けて3つほど開設しておくのが良いと思います。

 

取引所によって色々な特徴があり、それぞれに取り扱うことのできる仮想通貨をはじめ、メリット・デメリットもありますが、よく知られている取引所には「bitbank(ビットバンク)」「GMOコイン」「DMM Bitcoin」などが存在します。

bitbank(ビットバンク)では、沢山の仮想通貨を日本円で購入できるのが特徴です。

GMOコインは、取引所ではなく販売所であることから、購入前に正確な通貨の価格を知ることができるという点、またスマホアプリが充実していて使いやすい点が人気です。

DMM Bitcoinでは、スマホひとつで本格的な取引が手軽にできます。

人によって自分に合う取引所は異なりますので、まずは色々なところで試してみると良いでしょう。

 

入金・ウォレットの検討

取引所の口座開設が完了したら、日本円を入金しましょう。入金する方法は銀行振り込み、クレジットカードなども可能ですが、手数料がかかります。おすすめなのは、ネットバンキングからの入金です。手数料無料で、土日でも入金が可能なネット銀行もありますので、ネットバンキングを使ったことがないという方もこの機会に登録することをおすすめします。

入金が終わったら、すぐに仮想通貨を購入して良いのですが、早いうちにモバイルウォレットを検討してください。モバイルウォレットとは仮想通貨の財布のことで、モバイルウォレット上の通貨は取引所に頼らないと個人での管理ということになります。取引所に万が一のことがあってもモバイルウォレット上の資産は守ることができるのです。

 

本人確認完了後、実際に購入

仮想通貨購入前の最後の大事な手続きが、本人確認です。

取引所で売買を始めるためには、メールアドレスとパスワード、そして本人確認書類のアップロードが必要です。アカウントを作成し、本人確認書類を提出(アップロード)すると、数日後に確認の書類が届きます。それを受け取ることで本人確認が完了し、実際に仮想通貨の売買ができるようになります。

 

 

取引所にはそれぞれ特徴がありますが、何度か売買をするうちに初心者の方でもすぐに慣れてくると思います。値上がりしていることで有名なビットコインでも、日本円で数百円から買うことができますので、まずは気軽に購入できる金額から始めてみましょう。