出費が多い年末年始!ローンを活用して余裕を持とう!

出費が多い年末年始!ローンを活用して余裕を持とう!

年末年始は冬のボーナスが入ってくるため、お金は増えると思われがちですが、クリスマスやお正月が重なるため、出費も多い季節です。思っていた以上にお金が足りなくなったということを防ぐためにも、ローンを活用するのもひとつの方法です。

 

年末年始はお金の出入りが多い

年末年始はなにかと出費が多い時期ですが、どんなことにお金が必要なのか、しっかり把握しておくことが大切です。

 

・忘年会

会社全体の忘年会だけでなく、友人や近所のコミュニティなど、忘年会は意外に重なるもの。1度の支出は数千円とそう高くはありませんが、いくつも参加するとなると、万単位の出費になってしまいます。

 

・クリスマス

クリスマスは家族でゆっくり過ごすという場合でも、ケータリングやクリスマスケーキ、クリスマスプレゼントなどに出費がかさむもの。これは独身の場合でも変わらないかもしれません。年に一度のイベントですので、万単位のお金をかける方もいるかもしれません。

 

・帰省や旅行

サービス業などでなければ、年末年始は一般的に休暇になるため、普段は実家に帰れていない方は帰省のチャンスです。ただ、ハイシーズンなので公共交通機関は普段よりも高めです。実家が離れている場合は、飛行機や新幹線で数万円の費用がかかってしまうことも考えられます。

 

・お年玉

お正月には、親戚にお年玉を渡すのが習慣です。年齢にもよりますが、1人当たり数千円が一般的ですので、渡す人数によってはかなり大きな出費になることもあります。

 

・おせちなど休暇中の食事

お正月は親戚などの来客が多いため、ある程度の食事は用意しておく必要があります。一般的にはおせちやお雑煮を用意しておくものですが、おせち料理を作るのはかなり大変なので、丸ごと購入する方もいるかもしれません。おせち料理の量にもよりますが、家族数人が食べられる量となると、こちらも1万円以上かかるというのが一般的です。

家族全員が休暇で家にいる場合、朝昼晩の3食分の食費がかかります。こちらも合わせると、年末年始の休暇中の食費は大きくなりそうです。

 

資金不足で困らないために

年末年始には、ほぼすべてのイベントで多くのお金がかかることが分かります。「まだ大丈夫」と思っていたのに気がついたら財布の中からお金がなくなっていて焦ったという経験のある方もいるかもしれません。

資金不足で困らないよう、気をつけておきたいポイントをまとめました。

 

・早割の活用などで交通費を節約する

多くの公共交通機関では、早めにチケットを購入することで早期割引が適用されます。チケットによっては、割引率が定価の数割という大きなものも。帰省や旅行が早めに決まったら、すぐに飛行機などのチケットを押さえてしまいましょう。

また、金券ショップなどを利用して安く済ますという方法もあります。車で出かけるのであれば、深夜割引などをうまく活用すると節約できます。

 

・早めに全体の収支を把握する

一つひとつの費用はなんとか節約できたとしても、数が集まると大きな出費につながります。不測の事態を避けるためにも、早い段階で、どんなことに出費があるのか、収入はいくらか、収支を計算するといくら不足するのかという全体像を把握しておきましょう。

 

・ローンは返済計画までしっかり把握しておこう

収支を計算してみて「お金が足りないかも」となった場合には、カードローンが便利です。カードローンであれば、コンビニやネットで24時間借り入れができたり、返済も一括ではなく毎月一定額だったりと使い勝手もよいものです。

しかし、使いやすいためについつい使いすぎることもあるかもしれません。カードローンを利用する場合は、いくら借り入れるのかをあらかじめ決めておきましょう。

 

年末年始は、なにかと出費が重なる時期です。ボーナスなどもあるため、入ってくるお金も大きいものですが、一つひとつの出費が大きいため、気がつけば手元にお金が残らないという事態にもなりかねません。

そうならないためにも、カードローンを活用するというのもひとつの方法です。