保証人について

保証人について

キャッシング会社からお金を借りたいという方の多くが、「お金を借りることを誰にでも知られたくない」と考えています。そんな方にとって、気になるのは「保証人が必要かどうか」ということです。そこで今回は、キャッシング会社における保証人制度についてご説明します。

キャッシングを利用する際には、基本的には保証人は必要ない

多くのキャッシング会社では、個人向けフリーローンを利用する際の保証人を必要としていません。なぜなら、そもそも個人向けフリーローンは、高額な融資を行っていないからです。多くのキャッシング会社で、初回融資時の限度額は50万円前後、会社によっては10万円までと抑えていることもあります。また、基本的に、審査時に返済のリスク材料がある人に対しては融資を行いません。

このような理由から、キャッシング会社のフリーローンでは保証人は不要なのです。

ただし、保証人が必要なケースもある

前項でご説明したように、フリーローンを利用する際には、基本的には保証人は必要ありません。しかし、ケースによっては保証人が必要になることがあります。

 

・専業主婦が借り入れを希望する場合

専業主婦の方が借り入れを希望するときには、保証人が必要です。というのも、キャッシング会社は、基本的に「安定的に収入がある方」に対して融資を行っています。つまり、収入のない専業主婦の方は融資条件から外れてしまうのです。なお、専業主婦では借り入れができないのかというと決してそうではありません。キャッシング会社によっては保証人として収入のある配偶者の方の同意を得ることで、融資が受けられるケースもあります。特に、レディースキャッシングを扱っている業者では、このような対応がなされているようです。

 

・学生さんが借り入れを希望する場合

学生が借り入れをするときも、保証人が必要なケースがほとんどです。本人にアルバイトなどでの安定的な収入があるとしても、多くのキャッシング会社で保証人として保護者の同意書の提出が必要になります。

 

・本人の信用度に不安材料がある場合

キャッシング会社では、審査の際に信用情報機関の信用情報を照会し、過去の金融機関との取引記録を見て融資の可否を判断します。そしてこのとき、信用情報にローンの滞納などの金融事故の記録があれば、ほとんどの場合には融資は断られてしまいます。なお、キャッシング会社によっては本人の信用度に不安材料があっても、保証人を立てることで融資することがあります。

このように、保証人をつけることで、本来であれば融資を受けられないようなケースでも融資が可能になることもあります。

 

保証人が必要なローンは?

キャッシング会社のフリーローンでは保証人は不要ですが、「ローン」と名のつくサービスの中には保証人が必要なものもあります。

例えば、住宅ローン。住宅ローンの場合、借り入れる額が1,000万円以上と高額になることも多い上、返済期間も長期にわたります。そのため、申し込み内容や申込者の属性によっては保証人を求められることがあります。一概にはいえませんが、申込者がアルバイト勤務や自営業である場合や、親名義の土地に住宅を建てる場合(担保提供者が本人ではない)、借り入れ希望額に対して収入が少ないといった場合には保証人が必要となるケースが多いといわれています。

また、事業者ローンを利用する際には、原則として保証人が必要です。なぜなら、事業者ローンは借り入れ限度額が大きく、また、万が一事業が破綻し倒産した場合に回収が難しくなるためです。なお、ニチデンの事業者ローンでは、当社が必要と判断した場合には保証人または不動産担保をお願いしています。

 

今回は、ローンサービスを利用する際の保証人についてご説明しました。今後ローンの利用を検討している方は、ぜひご参考ください。

 

フリーローン
事業者ローン
不動産担保ローン
学生ローン