不動産担保ローンとは?

不動産担保ローンとは?物件に関するローンの種類と違いを解説

不動産を担保としてお金の借入を行うことを不動産担保ローンと呼びます。しかし、住宅ローンや無担保ローンとの違いが分からないという方もいるでしょう。今回は、不動産担保ローンの概要についてふれたうえで、他のローンとの違いや審査方法などについてみていきましょう。

不動産担保ローンとは

不動産担保ローンとは、土地や建物などの不動産を担保にお金を借りられる有担保ローンです。本人所有の不動産をはじめとして、場合によっては法人や家族名義の不動産なども担保とすることが可能です。

一般的な無担保ローンと比較した場合、担保があることから、お金を貸す側の貸し倒れリスクが軽減されるメリットがあります。そのため、借りる側からも無担保ローンよりも金利が低く、返済期間も長く設定できるなどのメリットが発生します。

ただし、返済ができない場合、担保に設定している不動産を売却しなければならないことは把握しておきましょう。

不動産担保ローンと住宅ローンの違い

ここからは、不動産担保ローンと住宅ローンの違いをみていきます。とくに用途の違いは大きい点に注意が必要です。

・資金用途の種類が異なる

住宅ローンにおける資金用途は、自宅(新築・中古住宅)の購入やリフォームなどに限定されています。対して、不動産担保ローンは住宅に関わるものだけでなく、教育資金や納税資金、親の介護費用などさまざまな用途で利用可能です。

・金利の高さ

簡潔にいうと、不動産担保ローンの方が高くなる傾向にあります。資金の使用用途が幅広いためです。そのため、資金を使用する用途に合わせて使い分ける必要があるといえるでしょう。

不動産担保ローンと無担保ローンの違い

それぞれのローンの違いについてみていきましょう。

・審査基準

無担保ローンの主な審査基準は、個人の信用情報や勤務先や収入などの情報です。対して、不動産担保ローンは、担保する不動産の価値も審査基準となるため、審査に通りやすいといえます。

・借入金額

無担保ローンの一般的な限度額の上限は、1,000万円程度です。しかし、不動産担保ローンの融資金額は、担保する不動産の評価額で決定されます。場合によっては、数千万円から1億円を超えるような多額の融資を受けられる可能性があります。

・融資までのスピード

不動産担保ローンは、借入を行う個人の情報に加えて、担保とする不動産の審査も必要です。そのため、融資まで2週間~1カ月以上の時間を要することも少なくありません。

しかし、無担保ローンでは、担保の審査が必要ありません。消費者金融系では最短で1時間、信販・クレジット系は最短翌営業日で融資を受けることが可能です。

 不動産担保ローンの審査方法

不動産担保ローンの審査方法についてみていきましょう。

・審査が2つある

審査には、仮審査と本審査があります。仮審査を行うかどうかは金融機関ごとに異なるものの、審査を行う場合は申込書への記入と本人確認書類の提出が求められます。

仮審査の通過後に、本審査に申し込む場合は、申込者の収入証明書や不動産に関連する公的書類(登記時事項証明書や評価証明書など)の提出が必要です。また、本審査では、審査の担当者が担保となる不動産の査定を行うため、立ち会いを求められることがあります。

・審査基準

返済能力が十分にあるかだけでなく、担保となる不動産に価値があるかが審査されます。

返済能力に関しては、個人の信用力が審査されるため、年齢や収入、勤続年数などが主な審査対象です。また、他の金融機関などからの借入状況や過去の返済状況も審査対象となります。

担保とする不動産に価値があるかどうか、借入を行う金融機関が審査を行います。金融機関ごとに土地や建物の評価基準や評価方法は異なることは把握しておきましょう。

一般的に融資可能額は不動産評価額の60%~80%となることが多いといえます。そのため、金融機関の評価額によっては、希望する額の融資を受けられない場合があります。

 まとめ

不動産を担保とする不動産担保ローンは資金の使用用途が広く、無担保ローンよりも低金利で借入が可能です。

しかし、住宅ローンよりは金利が高く、無担保ローンよりも融資のスピードが遅いといった違いは把握しておく必要があります。

それぞれのローンの違いを理解したうえで利用しましょう。