事業資金の借入でノンバンクを利用するメリット・デメリットとは

事業資金の融資を受ける際には、銀行などの金融機関だけでなく、ノンバンクを利用して資金を調達することが可能です。今回は、事業資金について説明したうえで、ノンバンクで資金を調達するメリット・デメリットなどを解説していきます

事業資金とは

事業資金は、事業の運営や設備投資など、事業のために使用される資金です。

事業資金は種類別に融資が設置されていることがあるため、以下の2種類を把握しておきましょう。

・設備資金

事業を行う際に必要となる設備へ投資として使用される資金です。設備を整えるため機器の購入費用等が設備資金に該当します。

・運転資金

事業の経営を継続するために必要な資金です。家賃や人件費、仕入れ、光熱費などが該当します。また、会社の事業が順調に行えるまでに必要な資金も運転資金になります。

事業資金をノンバンクから調達するメリット

事業資金のローンでノンバンクを利用するメリットを解説していきます。

・資金調達を素早く行える

ノンバンクの審査は銀行よりも素早く資金調達を行うことができます。また、実績がない中小企業などでも融資を受けやすい点も特徴の1つです。

・年会費が必要ない

ノンバンクが提供しているビジネスローンなどは基本的に年会費がかからず、無担保で保証人も必要ありません。しかし、希望金額が高額な場合は、担保を求められるケースがるので、申込時に確認を取ると良いでしょう。

事業資金をノンバンクから調達するデメリット

ノンバンクのデメリットについて焦点をあてていきます。

ノンバンクのビジネスローンの上限額は、企業によって異なります。そのため、規模の大きい会社などでは想定した金額を調達できない可能性がある点には注意が必要です。

・金利が高くなる

銀行などと比較するとノンバンクのビジネスローンは金利が高い傾向にあります。そして、融資の返済期間が長引けば長引くほど金利の負担が大きくなるため注意が必要です。

 

使用用途や調達したい金額を考慮したうえで、それぞれのローンのメリットやデメリットを把握し、利用するローンを検討しましょう。