【担保とは?】メリットやデメリット。必要性について解説

金融機関からお金を借り入れる際に、「担保」という言葉がよく出てきます。担保は、多額のお金を借り入れるときに登場する言葉のひとつです。既に担保が必要な不動産担保ローンなどを組んでいても、担保の意味を理解していない方もいるかもしれません。担保の意味を理解せずにお金を借り入れると、思わぬトラブルや負担が発生する可能性もあります。

そこで今回は、担保について詳しくご紹介します。担保の意味を理解し、リスクを抱えないようにしましょう。

 

担保とは?

担保は、お金を借りた債務者が返済できなくなった際に銀行や消費者金融などの債権者側がかける保険のようなものです。担保として大きく分けて「人的担保」と「物的担保」のふたつです。

人的担保とは、融資を希望したときの保証人です。保証人には、万が一債務者が返済できない状況になったときに代理で返済する「代位弁済」の義務が発生します。担保として保証人を立てるのは、債権者側に対する返済が滞らないようにすることを目的としています。

物的担保とは、不動産などの特定の財産による担保です。有価証券などを担保としてお金を借りることもできます。債務者が返済できなくなった場合、不動産や有価証券などがお金の代わりとして回収されます。

万が一返済できなくなった場合、人的担保や物的担保で全額返済できるかという問題が生じます。例えば、1,000万円の借入金残高が残っているのに担保にしたものが300万円の価値しかなければ、700万円を返済する必要があります。また、担保に設定したものは、お金の代わりになるので取り戻せないこともあります。「担保があるから返済しなくても大丈夫」と考えずに、借りたお金はきちんと返済する必要があります。

なお、担保をつけなくてもローンを組める場合もあります。消費者金融では、個人向けに小口融資を行っているので保証人不要で無担保でローンを組むことができます。ただし、無担保の場合は自身で全額完済する必要があります。もしも無担保で返済を滞ってしまった場合、自宅や車・財産などを差し押さえられます。無担保でお金を借り入れるときは、自身が返済できる範囲で借りるようにしましょう。

 

担保ローンのメリット・デメリット

■メリット

高額融資が可能になることがあります。

不動産を担保ローンにすると借入者と不動産、両方の価値が評価されるので、

高額なお借り入れが可能になることがあります。

また、融資金額が高額になるので長期借入も可能になる場合もあり、返済期間が長いと月々の返済額が少額で済むので、余裕を持った資金繰りや事業計画が立てられます。

金利も安くなる場合があります。

不動産を担保としている為、他のローンより低い金利で借入することができます。

ただ会社によって金利は異なるので、低金利と謳っていても実際には低金利ではない場合もあります。

必ず相見積もりをとって比較することをおすすめします。

 

■デメリット

一番のデメリットは手数料です。

会社によっては手続きの手数料が必要なので、融資額によってはかなり高額になることもあります。

手数料は会社によって様々なので数社比較することが大事です。また、事前にどれくらいの費用がかかるのか把握しておくことが大切です。

お申込からご融資まで時間を要します。余裕をもって手続きをしましょう。

 

■担保が必要になるのはどんな時?

毎月の返済額が高額で返済負担が重く、資金繰りに余裕がなくなった場合に、担保ローンを組むことで、返済額の負担が減ります。

また、今までの取引銀行から新たな借り入れができなくなった時や、短期資金の借り換えができなくなる場合等も必要になってきます。

安定した資金繰りをする為にも担保ローンを視野にいれておくと良いでしょう。

 

■なぜ担保が必要なのか?

ライフスタイルが変わるにつれて資金は必要になってきます。

お金が必要になってからでは遅い場合もあるので、生活が苦しくなる前に事前の対策として担保ローンも検討するのも一つの手だと思います。

 

金利はどうなるのか?

金融機関に担保をつけてお申込みをすると、低金利で借り入れできる場合があります。また、担保があると融資額を高く設定することができることもあります。

債務者の立場で考えると、多額のお金を借り入れして長期間の返済になると低金利でも返済の負担がのしかかってきます。いくら担保があるといっても長期間にわたって返済し続けることは、生活に負担を与えることにつながるので、まとまった収入があったときにある程度返済できるようにしましょう。

少しでも金利を抑えたいと考えるのであれば、金利の高い無担保ローンではなく、金利が低く設定されている担保ありのローンを借りるとよいでしょう。もしも借り入れが長期にわたるのであれば、わずかな金利の差が返済額の大きな差になることもあるのでよく検討することが大切です。

 
担保は、金融機関から借りたお金が返済できなくなった際に代わりとなる保険のようなものです。万が一、返済できない場合、その担保を失うリスクがあることも理解しておきましょう。